”進撃の巨人”エレンの目的がやばい!敵でラスボス説が確定か!

いよいよ進撃の巨人も大詰めとなってきました。

巨人の正体が判明し

壁には巨人が敷き詰められていて

王政によって記憶を書き換えられていて

そして、壁の外には人類があり、島の人々敵意を向けている。

エレン達は島の外へと出る形となりましたが、そこはエレンが思い描いていた”自由”へはかなり遠いよう。

その後、エレンは同期メンバーに敵意を露わにしたり、島の外の人たちへ危害を加え始めます。

一体エレンはなにを考えているのでしょうか?

そして、やばすぎるエレンの目的とは??

今回はエレンのやばすぎる目的について書いていきます。

ラスボス確定か!エレンのやばすぎる目的とは

地ならし

エレンは「始祖の巨人」という最強の巨人を有しています。

この巨人がいれば巨人化することができるエルディア人であれば「記憶を改竄」も「身体構造の操作」も「巨人を操る」こともきます。

しかし、この力を発揮するには「王家の血筋」が必要となるため、エレンはマーレ兵である戦士長「獣の巨人」のジークが必要となっていました。

表向きはジークに協力をするふりをして近づいていますが、、、

実際には「地ならし」を発動するために利用しているだけでした。

エレンが狙っている「地ならし」とはどのようなものなのか?

エレンの最終目的は”地ならし”その内容とは?

地ならしとは字の如く、地面をならす、平にする、ということです。

その方法は、、、

壁の中の大型巨人全てを引き連れて世界を踏み歩く

というものです。

劇中では万単位の大型巨人で壁を構築しているということですが、その数の大型巨人が固まって歩いてくるとか絶望意外の何者でもないです。

第1巻で巨人が攻めてきた時も超怖かったですが、地ならしはそれ以上に怖いかもしれません。

50mくらいある大きな巨人が群れをなして歩いてきて全てを踏み潰してくるんです。

エレンはこの”地ならし”目的とし、そして実行させます。

進撃の巨人32巻

進撃の巨人32巻より

エレンが抱いていた目的は想像を遥かに凌駕するヤバいものでした、、、。

エレンが”地ならし”を発動するのは”自由”のため

エレン

エレンが”地ならし”を発動する理由は自分の理想の”自由”のためです。

外の世界に自由があると信じており、人類もいないかと思いこんでいたエレン。

しかし実際には人類は生き残っており、かつ自分の育っていた島に殺意を向けていました。

その現状を受け入れることができなかったエレンは全てを抹消し”自由”を求めることを決意したのです、、、。

エレンが”地ならし”を発動するのは”仲間”のため

エレンの真意

エレンは自分の自由を望んではいるものの、仲間のためを想い地ならしを発動しています。

巨人を継承してしまっているためエレン自身は余命が限られている。

エレンは同期である104期生や島で産まれ育った人たちを見放すことができませんでした。

自分が死んでも仲間や島の人たちは幸せに生きてほしい、、、

その願いを込め、島に敵意を向ける外の世界を、文明ごと消滅させることを決めました。

エレンがマーレで巨人化!関係のない人を巻き込んだ理由は?

進撃の巨人

海を渡りエレンはマーレの本拠地で敵からの宣戦布告を受けてることになります。

その宣戦布告を受け、エレンは悲しそうな表情をします、、、。

その直後、巨人化してお偉いさんや一般人を巻き込んで攻撃。

エレンの巨人化での攻撃を受けマーレ側も「戦槌の巨人」を出して交戦、更にそこから調査兵団も交えて全面戦争へと発展します。

あのエレンが一般人まで巻き込んで攻撃をした理由は、マーレ側の「獣の巨人」であるジークとの共謀でした。

マーレ側であるジークが裏切っているとは、マーレは夢にも思わなかったでしょう、、、。

襲撃は独断?エレンの単独行動の目的とは?

エレンだけではなく、実は調査兵団の主要メンバー全員が実は海を渡ってきていまいた。

しかし、襲撃をした時はエレンは一人。

途中で仲間と別れて単独行動をした形だったんです。

エレンはどうして単独行動をしたのでしょうか?

それは自分の産まれ育った島への敵意・殺意を認識し、仲間を守るために単独行動でした。

調査兵団の仲間は襲撃や地ならしには反対をしていたものの、エレンの仲間を守りたいという強い気持ちが先行し、ジークからの作戦に協力する形をとっていました。

表向きはジークに協力する形で、エレンは”地ならし”を狙っていたんです。

しかもエレンは進撃の巨人の能力で未来を見ており、ジークの作戦に乗っかったのも”地ならし”で攻撃することを予め知っていたためでした。

エレンはこの時に既に”地ならし”を覚悟していたので、襲撃も受け入れたということですね、、、。

104期を敵に?アルミンをフルボッコでミカサを傷つけた真意は?

仲間を想ってエレンは地ならしを発動させる形なりますが、一方では104期に敵意を向け、実際にアルミンをフルボッコにし、ミカサを傷つけています。

この時はまだエレンの目的も全くわからずでただただ本当に怖かったです。

同期である104期生を裏切り本当に敵になっちゃったかと思いました、、、(´・ω・`)

しかし、エレンの徹底した冷たさは、実は104期生を想っての行動。

エレンは”地ならし”を用いたこの戦いに、大切な仲間である104期を巻き込みたくなかったんです。

だからあえて(強烈に)冷たい態度を取り、自分から引き離そうとしていたんです。

エレンはどこまでも仲間を想っている、やっぱりいいやつなんですよね。

極めて不器用なだけで、、、。

さすがエレンの親友!アルミンはやっぱり理解者だった

エレンに冷たい態度をとられ、アルミンは最期にボッコボコにされました。

ジークは巨人化できる人種エルディア人から生殖機能を奪い「安楽死計画」を画策していました。

エレンはこの「安楽死計画」に協力していましたが、、、アルミンは唯一エレンの真意に気づきます。

エレンはジークの思い通りにはならない、最期は自分の意思で”地ならし”を発動するために動いている、と。

さすがは親友アルミン、、、頭の回転のキレの良さは健在です。

しかし、予想外だったのは地ならしは他国への牽制ではなくて、世界を滅ぼすことだったことでした、、、。

エレンはラスボス確定か!真の目的は104期を”英雄へーロス”にして平和を実現させるためか

へーロス

エレンは地ならしで世界を滅ぼすために動き始めてしまいました、、、。

事実、地ならしの被害は酷いものであらゆるものを踏み潰し文字通り、平らにしていきます。

エレンは全世界から見て間違いなく”共通の敵”であることに間違いはありません。

そんなラスボスエレンを止めるとなれば、それはもはや英雄以外有り得ません。

そしてエレンは同期や調査兵団の仲間には一切手を出しておりません。

これは仲間が自分自身を止めてくれると、信じているからかもしれません。

世界を滅ぼすエレン、それを止めたパラディ島の調査兵団やユミルの民。

もしエレンを止めることができればパラディ島の人やユミルの民は英雄として担がれることでしょう。

エレンはあえてラスボスになり、自分を犠牲にした上で英雄へーロスを現代に誕生させんとしているのかもしれません。

進撃の巨人Finalseasonが始まった!アニメもいよいよクライマックスへ!

エレンの目的も気になりますが、とうとう進撃の巨人Finalseasonがスタートしました!

エレンはなにを考えているのか、、、アニメで見ていてもやっぱり気になります!

アニメは日曜の深夜に放送されていますが、見逃してしまった方は無料で視聴する方法をおすすめします。

中でも動画配信サービスU-NEXT

で見るのがオススメ!

無料で進撃の巨人Finalseasonを
視聴したい場合はこちらから!

U-Nextで進撃の巨人の見逃し配信が視聴できる!

U-NEXT

は動画数日本最大級でその数なんと12万本以上!

漫画も34万冊以上のラインナップを取り揃えている最強の月額制配信サービスです。

そのせいか月額料金が1990円と、他の動画配信サービスと比べるとやや高めではありますね。

しかしご安心を!

31日間の無料お試し期間がありますので、その期間であれば無料でお試しいただくことができますので、めっちゃオススメです!

エレンの地ならしを止めるために再び集結した調査兵団104期

今回はエレンの目的について書いていきました!

エレンは獣の巨人であるジークの作戦に乗っかるふりをして”地ならし”を狙っていました。

地ならしを発動させ世界を全て文明ごと消す、これがエレンの狙いでした。

しかし同期である104期のメンバーはこの現実を受け入れられずエレンを止めに動き出します!

もはやラスボスはエレンだと言っても過言じゃなくなってしまいました、、、。

果たして”地ならし”は止まるのか、今後の展開に注目です!!

”進撃の巨人”真の黒幕は始祖ユミル説?エレンは使われているだけ? エレン ”進撃の巨人”エレンがサシャが撃たれて笑った理由は自責の念?本当は猛烈に悲しい ミカサマフラー ”進撃の巨人”ミカサがマフラーを外すのは目的がある?置いていった理由を考察! ミカサ 【進撃の巨人】ミカサが巨人化できない理由!ソースはリヴァイ兵長! 始祖ユミル “進撃の巨人”始祖ユミルが差し出している”りんご”の意味は?大地の悪魔へ”寿命”を差し出している説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です