【そのままなのか】脱退騒動でchage and aska(チャゲアス)の今後のグループ名はどうなるのか

2019年8月25日に、chage and aska(通称チャゲアス)のaskaがグループの脱退を表明しました。

チャゲアスといえば「SAY YES」とか「YAH YAH YAH」とか本当に名曲で、未だに聞いたりしてるんですよ。。。ショックです。

askaと言えば2014年に覚せい剤取締法違反で逮捕されたが保釈金700万円を払って保釈、その後治療のためにめ国立病院機構下総精神医療センターに入院し、東京地方裁判所で9月12日に懲役3年執行猶予4年の有罪判決となりました。

この頃からチャゲアスは今後どうなるのかなぁと不安になっていたファンは多かったと思いますが、結果はまさかのaskaが脱退との発表。

cyageはaskaを待っていただけに信じられずとても残念とコメントを発表しております。

今後はソロで音楽活動を続けていくようですが、残されたchageが属している「chage and aska」のグループ名はどうなるのでしょうか?

今回はchage and askaのグループ名について書いていきます!

cyageだけのchage and askaのグループ名はどうなる?

現段階ではchage and askaの今後のグループ名および活動については公式からは発表されておりません。

唯一、「ソロで活動を続けていく」ということで活動自体なくなることはありません。

ですが、askaが「脱退」という形で抜けてしまったので、現段階では「chage and aska」というグループの所属は「cyage」のみ、という、なんともシュールな状況になっております。

公式からの発表こそありませんが、流石に名称は変更になるのではと思われます。

「chage」として活動をしてくのか「chage and …」みたいな感じでオシャレ感を出すのか。

何れにしてもソロで活動するのに「chage and aska」は流石に変更される形になると思います。

chage and askaの名前の由来について

二人は高校生からの友人で、もともと音楽を別々にやっており、大学在学中に別々に出場した「ヤマハ:15回ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称:ポプコン)」の出場で運命が変わりました。

ポプコンでcyageが九州大会に進出することが決まり、当時の九州地区担当ディレクターの勧めでデュオを組むことになりました。

その時の相手こそaskaであり、この時にCHAGE&ASKAが誕生しました。

結成当初はに「チャゲ&飛鳥」となっており、1990年に「CHAGE&ASKA」へと変更されました。

ちなみにChageとASKAの本名ですがchageが「柴田秀之」、askaが「宮﨑重明」となっております。

どうしてchageとaskaなのかは不明ですが、ソロ活動になったらもしかしたら本名で活動をするかもしれませんね。

chage and askaのグループ名についてのまとめ

今回はaska脱退によるchage and askaのグループ名がどうなるのかについて書いていきました。

残念ながら公式からの発表は未だない状態ですが、現状は名称変更されていないのでcyageだけで「chage and aska」のままです。

流石にソロ活動が始まるとのことでグループ名称は変更になると思いますが、chageになるのか本名の「柴田秀之」になるのかは不明です。

再結成を待っていただけにaskaの脱退は衝撃でしたが、、、今後のcyageも変わらず応援して行きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です