【チェンソーマン】アキの能力3つを紹介!契約した悪魔は4体で最後は利用されて終わる?

アキ

チェンソーマンに登場する主人公の戦友であり家族同然の人物、アキ。

デンジよりも前にデビルハンターとなり悪魔と戦っており、その目的は家族の生命を奪った”銃の悪魔”を倒すため。

悪魔と闘う為に悪魔の力の力を借りて闘うデビルハンター、、アキはなんと観測史上最多の4つの悪魔と契約をします。

悪魔と契約するときってさ、代償を支払わないといけないんだよね?
そうなんだよ、もうアキくんとれるものなくなっちゃうんじゃないのか、、、

そこまでして手に入れた悪魔と闘うために手に入れたチカラ、、、、

今回はアキが持っている能力について見ていこうと思います!

デビルハンターのアキとは?

アキ

アキはデンジよりも前にデビルハンターになっており、銃の悪魔を倒すという揺るがない目的があります。

というのも、アキは銃の悪魔に自分以外の家族全員を殺されています。

この時から復讐心に駆られ、自らの生命も顧みずデビルハンターとして活動しています。

かなり真面目な性格であり、デビルハンターの仲間からは常識的な考えをもつ”まともな人”として見られており、早死するのではないかと心配されています。

やっぱり、ぶっとんだ仕事ということで、まともじゃやっていけないものなんでしょうね、、。

デンジの先輩であり最初にデンジに金的をされまくる

アキ

アキはマキマの推薦で一番に最初にバディを組まされた相手であり、またデンジに向かってデビルハンターをやめろといった人物でもあります。

その理由はデンジに死んでほしくなかったからという優しいあものではあったものの、その方法がデンジをボコボコにするという強硬手段にでした。

マキマが好きという不純な動機であれば、すぐ死ぬことになるからデビルハンターはやめろ、と。

しかし、デンジはこの申し出を拒否。

動機は不純だが、普通の生活を守るためならデンジはなんでもやると言い反撃。

しかもアキの子アキを狙ってひたすらキックをするという超卑怯な手、、、。

これは考えただけでも痛いよね、、、

悶絶もするし、なぜか吐き気とかするんだよなぁ、、、

二人の出会いはこんな感じで最低でしたが、なんと二人はこの後同居することになり、アキはめっちゃ嫌がっていましたねw

アキの能力とは?

アキ

アキがデビルハンターに入った理由について触れていきましたが、肝心のアキが悪魔と闘う能力とはどのようなものなのでしょうか。

銃の悪魔と倒すという絶対の目的があるアキは自らの生命も顧みず、ハイリスクな悪魔とばかり契約していきます。

契約した悪魔達について、それぞれ見ていきましょう。

狐の悪魔

狐の悪魔

最初にアキが披露したのは”狐の悪魔”でした。

狙った箇所に向かって巨大な狐を放ち、対象をまるっと飲み込んでしまう能力です。

悪魔だけじゃなく、建物から何から、対象となったものはまるっと飲み込んでしまうので使い所が難しそうです。

また、使う度に身体の一部を代償として払わなければならず、初回使用時は腕の皮をベロっと持ってかれていました。

超痛々しいですよね、、、。

ちなみにアキのヘアースタイルである頭のちょんまげについてですが、たまにこのちょんまげを狐の悪魔にねだられるので伸ばしているそうですw

しかも”刀の悪魔”との戦いで使用した際に”変なもの食わせやがって”と嫌われ、以降アキに力を化してくれなくなりました。

呪いの悪魔

呪いの悪魔

続いては呪いの悪魔です。

相手に対して3回剣(というか釘?)を差し込むことで使用することの出来る能力で、決まれば相手を葬ることができる必殺の剣です。

が、その代償はアキの寿命となっており、相応の寿命を代償として支払わなければなりません。

対銃の悪魔用にアキが用意していた能力なんでしょうね。

しかし、作中では使用しすぎて支払う寿命がなくなってしまい、中盤以降は能力の使用ができなくなります。

そのため、途中からは”天使”が作った刀を使って戦っていました。

未来の悪魔

未来の悪魔

狐の悪魔と呪いの悪魔の能力を失ったアキがデビルハンターとして活動するため、新しく契約した悪魔です。

なんと、数秒先の未来をみることができる少年マンガあるあるの、かつ最強能力の一つを得ることになります。

こんな強烈な能力ってば、代償やばそうだな、、、、と、思いきゃ。

条件は”アキの右目に住まわせること”

え?これだけ??

と思いましたが、やっぱりこの契約にも裏があったんですよねぇ。

それは、近い将来アキは酷い死に方をするから、それを近くで見ていたいという、まるで悪魔のような理由でした。

アキ

実際にアキは最悪の死に方をするので、、、未来の悪魔がみたい通りの展開となってしまいましたが、ね、、、。

支配の悪魔

マキマ

最後に契約をしたのは”支配の悪魔”です。

いよいよ銃の悪魔が見つかり、これから大きな戦闘、もはや戦争を目の前にし怖気づくアキ。

デンジとパワーだけはなんとしてでも守りたいと願い支配の悪魔に相談したところ、支配の悪魔にそのまま利用される形となってしまいます。

ここでは能力を得るのではなく、、、死体にされ銃の悪魔の受け皿となり、魔人へと変貌。

デンジを守りたいという気持ちから、支配の悪魔の策略でデンジを襲う敵として闘う羽目に、、、。

アキは身体を張って生命を差し出すことになり、最後まで願いは叶わない最悪の展開へと進んでいってしまいました。

アキの能力は3つ!最後は支配の悪魔の奴隷に

今回はアキが契約した悪魔の能力について見ていきました!

アキはデンジより先にデビルハンターとなっており、観測史上最多の悪魔と契約していました。

契約していた悪魔と能力は

タイトル
・狐の悪魔:狐を呼び出して対象を丸ごと食べさせる
・呪いの悪魔:3回剣を突き刺すことで発動する必殺の能力
・未来の悪魔:未来をみることができる能力
・支配の悪魔

となっておりました。

支配の悪魔だけは能力をくれるわけじゃなく、アキの生命を奪い、銃の悪魔の受け皿としてリ利用される形になってしまいました。

と、以上がアキの能力についてでした!

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です