吾妻ひでおはいつから食道ガンだったのか?原因はアルコール中毒ってまじ?

吾妻ひでお(69)さんが食道ガンにより死去されました。

吾妻ひでおさんといえば漫画家で「ふたりと5人」「失踪日記」「不条理日記」などの作品で有名でした。

今でいうところの「同人誌」を昔から書いていた第一人者的な存在でした。

吾妻ひでおさんがガンで亡くなったとのことで驚きましたが、実は前々から体調が悪かったようでした。

今回は吾妻ひでおさんがいつからガンだったのかについて書いていきます。

吾妻ひでおさんのガン闘病生活はいつから?

吾妻ひでおさんはいつから食道ガンだったのでしょうか。

実は治療については「2017年3月31日」には開始をしており、すでに治療入院をしていたというツイッターを吾妻ひでおさん自らが投稿しておりました。

吾妻ひでおさんが実際に投稿していたツイッターがこちらです。

すでに点滴をしているようですね、、、。

また、その後退院をしておりましたが、2018年1月30日にもまた入院をしているツイッターを投稿していました。

吾妻ひでおさんは少なくとも2年半前の「2017年3月31日」には食道ガンだと判明しており、治療を初めておりました。

ちなみに、食道ガンのステージ別生存率はこちらになります。

こう見ると、ステージ1であれば5年生存率は8割以上あるので、判明した時にはすでにステージ2以上だったのかもしれませんね。

吾妻ひでおさんの食道ガンはアルコールが原因?

今回吾妻ひでおさんは食道ガンにより亡くなってしまいましたが、原因は高齢だからという理由だけじゃない可能性もあります。

吾妻ひでおさんは自らのアルコール依存症治療体験に基づく『失踪日記』を書くほどに、お酒が大好きな方でした。

もう、飲みまくっていたのでしょうね。

これの学説が絶対!ではありませんが、アルコールと食道ガンは強い関連性があるようです。

詳しくはこちらのページに書いてありますので、よかったら参考までに!

国立研究開発法人 国立ガン研究センターHP

アルコール中毒になるほどお酒が好きで、その治療を作品にするのは大変素晴らしいですが、やはりなんでもやりすぎにはリスクがあるんですね、、、。

吾妻ひでおさんの食道ガンについてのまとめ

今回は吾妻ひでおさんがいつから食道ガンだったのかについて書いていきました。

遅くとも2017年3月には食道ガンを発症しており、また死去までの期間を考えるとステージも2以上だったことが考えられます。

アルコールが本当に大好きだったようですので、食道ガンのリスクが高かった生活を送っていたんですね。

また、葬儀はすでに近親者で行われたようです。

多くの作品を世に出してきた吾妻ひでおさんの、ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です