青木さやかがパチンコで抱えた借金はいくら?依存症を乗り越えたのは趣味

芸人の青木さやか(47)のエッセイでギャンブル依存症だったことを発表しました。

そしてギャンブル依存症の末、多額の借金も抱えてしまったとのこと。

青木さやかって売れっ子のイメージがあったのですが、多額の借金は意外ですよね。

一体、いくらくらい借金をしたんでしょうかね?

青木さやかの多額の借金について調査していきます!

青木さやかが抱えてしまった多額の借金とは?

青木さやかが抱えた借金については具体的な金額については明記されておりませんでした。

一体、どのくらい借金があったのでしょうか?

青木さやかの多額の借金についての考察

青木さやかが抱えた借金についてですが本人が「1万円が100円に見える」と公言しています。

価値が100分の1になるってやばいですよね。

おやつなんて1円くらいの感覚という、、、。

ギャンブル依存症での借金というと少なくとも数百万円、多い場合は1000万円を超えることもあるかと。

芸人としてブレークして収入もそれなりにあった青木さやかが「多額の借金」というくらいですが、25年前の当時は22歳。

実家にいてバイトで生活をしていたということですので、借り入れについても肌感になります100万円前後くらいでしょうか。

複数の借入先を使っていたとしても300万円くらいかと思いますが、、、。

それでもハタチそこそこでバイトでの生活をしていたということであれば、十分多額の借金ですよね。

青木さやかが依存症を脱したことができたのは?

青木さやかは今もギャンブルを「やめている」という自制心を掛けています。

油断するとギャンブルをしてしまいそうになるらしく、現在は観葉植物や器を揃えたり、料理をしており「趣味」で気をそらしているとのこと。

今は「趣味」でカバーをしていますが、当時はどうやって乗り越えたんでしょうかね。

青木さやかがギャンブル依存症を脱した理由は?

ギャンブル依存を脱した理由というのは明記されれておりませんでしたが、キッカケになったのは仕事の可能性がありそうです。

というのも、青木さやかが25年前にギャンブルにハマったということですが、毒舌キャラ「どこみてんのよ!」でブレークしたのは17年前でした。

更に24年前には「めざせ!総・楽・天」という番組に出演し、番組内では「青木さやか劇場」というコーナーも担当していました。

そしてギャンブル依存をしていたのが25年前ということで、かなり近い時期です。

25年前にギャンブル依存を自覚し、24年前から芸人としてTVに出始め、17年前に毒舌キャラでブレイクというストーリーが見える気がします。

しかし、完璧にギャンブル依存を抜けたかというと、そういう訳ではないかもしれません。

当時の多額の借金も返済し、お金もある程度入っていたことからギャンブルはしていたんじゃないのでしょうか。

ただ、行く時間がなくなったので自然と行けなくなった、という感じではないでしょうか。

ギャンブル依存は病院で治療する程直すのは難しいので、物理的に通えなくなったのが功を奏したのかもしれませんね。

青木さやかの多額の借金の金額について

今回は青木さやかの借金の金額について書いていきました。

多額の借金ということですが、当時は下積みで収入も少なく、アルバイトをしていたことから金額は数百万円程度になっていたと考えられます。

ギャンブルでの借金はひどい場合は1000万円を超えることもありますが、十分多額の借金ですよね。

今でこそ「趣味」でギャンブル依存を制御していますが、当時は仕事が忙しくなったのがキッカケに抑えることができなのではないでしょうか。

売れっ子芸人の意外な過去だったので驚きましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です