【呪術廻戦】夏油傑が実は最強!ポテンシャルが高すぎて作中で一番やばいやつだった

夏油傑

呪術廻戦の夏油傑といえば、呪詛師に堕ちたとは言え作中の最強の4人、特級呪術師の一人でした。

中でも夏油傑は作中最強なんじゃないかと思っています。

ポテンシャルを秘めているのはやはり彼でしょう、、、。

今回は夏油傑がなぜ最強なのか、そのことについて考察していこうと思います!

夏油傑が最強の理由をチェック

それでは早速夏油傑が最強であろう理由について見ていきます!

なんといっても術式呪霊操縦術

夏油傑

 

夏油傑の強みといえば、なんといっても呪霊操縦術です。

これは取り込んだ呪霊をストックして、いつでも出して戦う、といった感じです。

FF5の魔獣使いみたいな能力ですね。(分かる人少ないかなぁ、、、)

また、この呪霊操縦術の最大の強みは「量」ですよね。

東京、京都百鬼夜行の時はそれぞれに1000体の呪霊を放出。

更には特級過呪怨霊・祈本里香を我が物とすべく乙骨と戦ったときの手持ちの呪霊の数は4500以上。

サイズ、階級問わず、この時点で6500以上のストックがあったことは間違いありません。

現時点では呪霊操縦術のストックにおいてはその制限がないのかもしれませんね。

そしてこの呪霊達を一つにぐちゃっとまとめて放つ「うずまき」。

夏油傑

乙骨との戦いでは特級過呪怨霊・祈本里香に敗れる形となりましたが、呪霊操縦術の最大の強みは「量」です。

仮に、東京と京都に放っていた呪霊もまとめていたとしたら。

もしくは更に多くの呪霊を集めに集め、戦いを挑んでいたのだとしたら。

夏油傑は自分を強化する以外の方法で攻撃力を増し増しにする方法があるのが本当に強みですよね。

呪霊操縦だけじゃなく、術式の抽出も可能

夏油傑

夏油傑は先程も述べた通り、呪霊操縦術による量による戦いが圧倒的に強いことがわかりました。

しかも、それだけではなく呪霊が使える術式も取り込むことができるようなんです。

その理由として、真人を取り込み無移転変も使えるようになっていました。

このことから、夏油傑は呪霊の術式を使うことができるということも判明しました

FF5の青魔法みたいな感じですかね(分かる人少ないかなぁ、、、)

呪霊を操ることができる、またそれとは別に呪霊の使っていた術式が使えるようになる。

しかも、その数に限りはない。

時間が経てば、準備が整えば整うほど、最強ですね。

地味に体術も強い

夏油傑は呪霊操縦ばかり目に取られがちですが、体術も結構強いんです。

かつては呪術高専のガチ戦闘員ことパンダも

こいつ、体術も行ける口か

と、下を巻いていました。

更に、真希が持っていた特級呪具「遊雲」も元は夏油傑の所持品。

体術・売れば5億はくだらない武器・そして呪霊の術式に呪霊操縦術。

自身も戦えて強化もできる呪術師はそういませんね。

夏油傑はリーダーに向いている?

特級呪術師として、更にはポテンシャルも計り知れない夏油傑。

夏油傑が最強というのはその強さだけにとどまらず、組織のリーダーとしての素質もかなりありそうというのもあります。

立場が変わっても人が集まるカリスマ性

夏油傑は任務中に人間を100人上虐殺し、呪術高専を追われ、呪詛師となりました。

誰も彼もを的に回した夏油傑、しかし、夏油傑は新たに仲間を集めていました。

夏油傑の信念を元に集まった呪詛師達、かれらは一丸となり百鬼夜行にも加担しているのがわかっています。

勝ち目のない戦い、時間を稼ぐだけの百鬼夜行。

かなり危険が伴うにも関わらず夏油傑の信念・作戦を信じているということですね。

立ち位置が変わってもそういった信頼に足る仲間を集めてしまうのはカリスマ性があるからではないでしょうか。

まぁ、実査にやろうとしていることは呪術師達にはメリットめっちゃあるし、なんか見た目もそれっぽくてかっこいいですからね。

呪術廻戦の夏油傑は最強?ダントツのポテンシャル

これまで説明してきた通り、夏油傑は準備が整えば整うほど、最強へと昇華していきます。

紛れもない最強のポテンシャルを持っているのですが、、、天敵がいるとなれば親友の五条悟でしょう。

五条悟以外は敵なし?しかし、やっぱり五条悟が頭一つ上か

夏油傑も規格外ですが、五条悟は更に規格外です。

なにせ、、、強さに限度がなく、まさに”無限”の戦闘力を持っています。

いくら呪霊操縦術を駆使しようと、術式を得ていようと、五条悟には全く歯がたたないでしょう。

仮に10万の呪霊を「うずまき」でぶつけても全く効いていなそうな、、、そういった規格外の持ち主です。

しかし、夏油傑は頭もいいでしようから対応する呪具や術式、封印術等を駆使して対応はできるかもしれません。

ただ、やらないでしょうね。

夏油傑は五条悟が好きだし、呪術師が好きですから、、、。

夏油傑が最強なのはいくらでも強化の手段があるから

今回は夏油傑が最強だと思われる理由を書いていきました。

夏油傑は呪霊操縦術という術式を使用し、取り込んだ呪霊を使って戦わせることができます。

その数、最低でも6500以上、この数には制限がないのかもしれません。

更にそれでだけではなく呪霊の術式事態と取り込んで使用することもできます。

なので、呪霊を取り込めば取り込むほど強くなっていきます。

また呪霊に頼るだけではなく、夏油傑自身も体術は相当強いことがわかっています。

ポテンシャルを秘めた、まさに最強になり得る呪術師です。

くそ、どうして呪詛師なんかに、、、、それにしても、よく取り込んだ呪霊のこと覚えてるよね笑

伏黒恵 “呪術廻戦”伏黒恵の領域展開は何話何巻?嵌合暗翳庭が最強の可能性がある 夏油傑 “呪術廻戦”夏油傑の目的は平和!闇落ちした理由が悲しいが手段がやばすぎる 五條悟 “呪術廻戦”五条悟が甘党の理由は8巻にあった!通常の5倍くらいの摂取量? 五條悟 “呪術廻戦”五条悟が封印から復活するのはいつ?生徒達の力で復活となるが宿儺とバトルに突入な予感 真希 “呪術廻戦”乙骨憂太と真希(まき)は結ばれる?脈アリだが「りか」のせいで真希は結ばれない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です