【呪術廻戦】裏梅の正体や性別は?初登場はいつでどうやって1000年も生きてきたのか

裏梅

呪術廻戦の謎キャラの一人、裏梅。

おかっぱ頭で偽夏油傑達と一緒にいる少年?少女?です。

裏梅は偽夏油傑達とは仲良しという感じではなく、目的のために一緒にいる、みたいな感じでした。

この裏梅は謎が多くあり、正体も謎、性別もぶっちゃけどっちかわからず、そもそも1000年越しにどうやって現代に復活をしたのか、、、。

今回はこの裏梅について、考察していきたいと思います!

裏梅って何者?

呪術廻戦で突如登場した「裏梅」、この子は一体何者なのでしょか。

偽夏油達と一緒にいて、部下のようには見えないし、かといってじゃれ合っているような感じでもありません。

裏梅の正体は呪霊?それとも呪詛師?

裏梅は呪霊ではなく、呪詛師ということで、実在する人間ということになります。

しかも、立場上やはり偽夏油傑の仲間というわけではなく、どうやら両面宿儺の手下的な存在のようです。

渋谷事変で両面宿儺の前に畏まって現れた裏梅、宿儺自身も裏梅の存在を知っていたようです。

となれば、宿儺も裏梅も1000年以上前の仲間だったということですね。

にしても、再開は1000年振り?そらぁ久しぶりってなりますね笑

裏梅の性別はどっち?

裏梅について気になるのが、それは見た目が中性的な感じとなっており、男性か女性かの判断がつかないところです。

可愛らしい感じがするので、女の子っぽい気もするですが、、、実際のところはどうなのでしょうか。

公式では未だ未発表、しかし裏梅はおそらく男の子、、、?

裏梅の正確というのは未だ正式に発表はされていない形です。

見た目からして女の子だろうな、そう思いっていました。

そう、思っていたんですが、読んでいくと「あれ、これ男の子なんじゃね?」といった場面がでてきました。

その場面というのがこちら。

裏梅

裏梅

裏梅

どうでしょうか、女の子だとしたら、、、あまりに言葉が強すぎるような気がしませんか?

まるで、主君や自分をけなされ切れている男の子のように見えます。

裏梅はこの感じでみると、、、男の子なのではないでしょうか、ガチ切れしてて怖いですね。

裏梅が初登場したのはいつ?

ここで、裏梅が初登場したシーンを見ていこうと思います。

裏梅は東京京都姉妹校対抗戦で呪霊側に襲われた直後に、ひっそりと登場してきます。

裏梅

この時はそれこそ性別も不明ですし、呪霊かどうかも不明でした。

裏梅って1000年前の人?どうやって生きてたの?

裏梅は両面宿儺の部下に当たるような人物のようですが、どうやって1000年感生き延びてきたんでしょうかね?

現段階で考えられる可能性としては2つ考えられ、一つは獄門疆に入っていた。

そしてもう一つはお兄ちゃんや宿儺と同様、受肉したか、かと思われます。

五条悟が今は獄門疆に入っていますが、その前は裏梅が獄門疆に入っていたのではないでしょうか。

獄門疆の中ではどうやら物理的な時間が流れていないようですので、未来に行くタイムマシンみたいな感じですよね。

まぁ、過去には帰れませんけど。

しかし、もしそうだとすると違和感が一つあり、宿儺は裏梅と再開した時に一瞬誰かわからず、間があって裏梅だと認識していました、

宿儺

宿儺もそうですけど、これは見た目が1000年前と変わっているからではないでしょうか。

となれば、やはり裏梅も受肉して現世に蘇り、見た目が変わっている可能性が高そうです。

いずれにしても、厄介な敵が1000年前からやってきた感じですね。

裏梅はおそらく男の子で受肉して現世に復活したぽい

今回は気になる子供「裏梅」について見ていきました。

裏梅は偽夏油傑達と一緒にいますが、まったく同盟感はありません。

それもそのはず、裏梅が崇拝し付いていくのは両面宿儺のみ。

おそらく偽夏油傑達は両面宿儺復活のために利用されているだけなのでしょう。

また、見た目は可愛らしい女の子っぽい感じですが、どうも性格や喋る方をみると男の子のように感じます。

更に1000年前に存在していた呪詛師ということですが、、、おそらく宿儺同様、現世には受肉して再び現れたのではないでしょうか。

とにかく、この裏梅もかなりの強敵です。

なるべく早い段階で、かつ最小限の被害にて倒したいものですね、、、。

五条 ”呪術廻戦”五条悟が目隠しをする理由は領域展開”無量空処”のためのセーブ? 夏油傑 ”呪術廻戦”偽夏油の正体が【加茂憲倫】で確定!脳(メロンパン)の目的はなに? 夏油傑 “呪術廻戦”夏油傑はいつ死んだのか?乙骨憂太と五条悟で倒していた 夏油傑 “呪術廻戦”夏油傑の最後の言葉は五條悟が聞きたくなかった”想いやりのある”内容だった 夏油傑 “呪術廻戦”夏油傑の目的は平和!闇落ちした理由が悲しいが手段がやばすぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です