【ワンパンマン】音速のソニックの能力は?怪人に覚醒する衝撃展開へ

音速のソニック

ソニックはフリーな忍者で請負でボディーガード等を受けていたところ、サイタマと遭遇。

そこで自信満々だったはずの自分の技を見事に看破され仕事なんてしている場合じゃないと、打倒サイタマを目標に活動することになります。

サイタマが異常なまでにめっちゃ強かったってだけで、ソニック自身も相当な能力を持っていることは確か。

更に怪人として覚醒し力を更に向上させるイベントも、、、。

音速のソニックが怪人になったらいやだなぁ、、、

そのあたりも含めて!今回は音速のソニックについて見ていこうと思います!

音速のソニックは忍者の里出身の忍者

音速のソニックとは忍者の里で厳しい修業を積んできた忍者で、今はフリーの忍者として活動しています。

忍者設定なので、見た目も思いっきり忍者、かっこいいんですよねぇ。

しかも忍者だけあって技も多彩、また名前の通り超スピードでの戦闘をしてくるので、普通に強キャラ。

そのへんのヒーローや怪人なんかじゃまず勝ち目はありません。

音速のソニックは暗殺やボディーガードをしていた

音速のソニックはフリーの忍者となっており、その実力を活かして仕事をしています。

メインはボディーガード、、依頼があれば暗殺ももちろんやるでしょうね。

作中でもゼニールのボディーガードについており、攻めてきたハンマーヘッドの部下達を容赦なく首を刎ねていました。

やっぱりソニックを雇えるだけの人物て、超金持ちなんですね。笑

音速のソニックの能力とは?

忍者の里で修業をし今もその力を行使して活動を続けるソニック。

ボディガードや暗殺業を営んでいるわけですが、、、音速のソニックが持っている”能力”とはなんなんでしょうか。

音速のソニックは名前の通りの超スピード

ソニックが忍者の里で身につけた能力というのが、、、音速の忍術。

んまぁーーー、そのまんまですよね。笑

というか、基本的には体術ですかね。

超音速での移動術、体術、剣術、それに手裏剣術。

これらを組み合わせてソニックは自らを”最強”と自負しています。

実際かなりの実力であることは間違いなく、ヒーローであればS級ヒーローでもソニックに勝てないものもいるくらい。

そんなソニックが更に強くなる覚醒イベントも発生するんです。

それがソニックの”怪人化”です。

音速のソニックが覚醒?きっかけは怪人化か

音速のソニックは現段階でもS級ヒーローに遜色ないほどの実力です。

そこから怪人化することで更にパワーアップすることができるという。

というのもボディガードをしていた時にサイタマに遭遇し、完敗。

ソニックは仕事を廃業し、力を付けるため再度修行のしなおしをする展開になるのですが、どうやってもサイタマに勝てないソニック。

そんな中怪人に怪人にならないか?とスカウトされるのですが、忍者の里で鍛えた技に誇りをもってるだろうから断るだろうなぁ、と思ったら、、、

まさかのスカウトにきた怪人の要望を受け入れる形に!

悲しいことに、、、ソニックがなんと怪人になることを決めてしまいます。

人間のままで、忍者でいてほしかったんですけどね、、、、。

音速のソニックが覚醒も怪人化もできなかった理由が笑える

ソニックが覚醒する、、、と、思ったんですが、、、覚醒しませんでした。笑

怪人化には”怪人細胞”と呼ばれるちょっと気持ちの悪い丸いボヨボヨを生のまま食べる必要があります。

怪人細胞を受け取ったソニックは、、、、怪人細胞を調理、ソテーにしてしまいます。

火を通したことで怪人細胞が(おそらく)死滅、単にお腹を壊しただけで終わりました。

最強になるには近道なんかないっていうことですよね。

てか、ソニック料理うまいな笑

ソニックの能力は音速の超スピード!怪人化には諸事情で失敗

と、ここまでがソニックの能力はや覚醒について見ていきました!

ソニックは忍者の里で修行をしてきた忍者で、名前の通り音速の戦闘術で戦い、その実力はS級ヒーローもりも強いです。

それまではボディガードや暗殺をしていましたが、サイタマに完敗。

そこから改めて修行をし直す形になります。

しかし、それでもサイタマに勝てないソニック、、、果ては怪人化で覚醒、新たな力を手に入れることを決めます。

が、怪人化に必要な怪人細胞を調理してしまい、怪人化失敗。

ソニックの覚醒はお腹を壊しただけで終了となりました。