【スパイファミリー】アーニャの正体と超能力が使える理由は”実験体”だからか

アイキャッチ

スパイファミリーのアーニャといえば、めちゃかわいいロイドとヨルの子供(養子)で、その天然っぽさや可愛さに胸打たれる人は多いはず、、、!

ですが、アーニャは謎は多く、なんといっても超能力を使えることが話題となり、正体についても気になるところです。

かわいい ✕ 正体が気になる ✕ 超能力を使う

最強の気になる要素が詰まっていますね笑

今回はそんなアーニャの正体について見ていこうと思います!!

アーニャとは一体?

アーニャは主人公であるロイドがスパイの任務として【家族を作れ】という指令を受け、任務達成のために引き取った養子の女の子です。

当初からアーニャには特殊な能力があるものの、能力以上に天然で可愛らしい感じでかなりの人気者に。(読者からね)

見た目の可愛さと相まって、表情がコロコロ変わる人懐っこい感じがかわいいんですよね。

理由はわかりませんが、ピーナッツが非常に好きなようで、とあることからご褒美をもら得るとなった時に【お城がほしい】といい、それは流石に難しいと言われた後【ピーナッツ1年分がいい】とお願いを変更しています。

1日分の消費量こそ謎ですが、、、、大好きなのがよく伝わりますよねw

ロイドの養子となり名門学校へ入学

アーニャはロイドに引き取られ、その後は名門校である【イーデン校】へ入学。

ちなみに、これもロイドが課せられたスパイ活動の条件の一個で、超難関名門校なだけに大変な苦労を強いられました。

それこそ入学にあたっての試験については試験が始まる試験までの道のりもかなり大変だったんですよね、、、面白かったけどw

アーニャの入学式については別記事にて紹介しますね(^^)

アーニャの正体とは?

ロイドの養子となり超能力が使えるアーニャについてですが、その正体に注目が集まっています。

ただの可愛い女の子というだけじゃなくて超能力が使えますからね、気になるところです。

そんなアーニャの正体とは一体、、、、?

アーニャは超能力を使うことができる

アーニャは超能力を使うことができます。

その超能力というのは【相手の心を読むことができる】というもの。

なので、秘密を持って生きているロイドや、その妻のヨル、更にはその他関係者のぐるぐるとした脳内を読んで、いつもワクワクしているんです。

かわいいですよねw

ただ、ロイドもまさか自分がスパイであるということが娘にバレているというのは夢にも思っていないでしょう。

アーニャはロイドにバレないように必死に隠している?

アーニャはロイドとヨルとの偽装ファミリーのことが大好きなんです。

その理由ちちとははが面白いから、というもの、、、端的でよろしい。w

しかしアーニャの家は偽りの家族であり、それぞれが秘密をバレないように抱えています。

そんな中人の心を読むことができる=すべての秘密がバレていた、ということになればスパイファミリーは解散の機器となる可能性もでてきます。

なのでアーニャは自信が超能力を使えるということをひた隠しにしている、、、、ということでしょう。

ただ、いずれはロイドの任務が完了し家族がバラバラになる、、、その時どうなるか、展開が気になりますよね。

アーニャの正体とは?

超能力が使えるアーニャですが。普通の女の子はまず超能力なんて持っていませんよね。

好奇心が旺盛だったり、わくわくすることが大好きだったりするところは普通の女の子ですが、明らかに異質な能力の持ち主。

超能力が使えるアーニャの正体とは、、、?

超能力が使える理由は”実験体”だった

超能力が使えるエスパー少女のアーニャですが、その正体は”被検体007”と呼ばれる研究のために教育されていた女の子。

アーニャは研究室から逃げ出し、その後養護施設を転々としていたのかもしれませんね。

そしてロイドと出会い、養子になった、、、、ということでしょう。

研究所にいたときは無理やり勉強?をさせられていたようで、全く生活としては楽しくなさそうな感じだったので、晴れてスパイファミリーとなった今は楽しくて仕方がないのではないでしょうか。

アーニャは被検体007と呼ばれる超能力者

と、ここまでがアーニャの正体についてでした!

アーニャは被検体007と呼ばれる相手の心を読むことができる超能力者です。

養護施設にいるところ任務中のロイドと出会い、晴れて家族となります。

ちちとははが大好きなアーニャですが、ロイドの任務が終わった時に家族がバラバラになる展開をどのように回避していくのか、、、

スパイファミリーの任務の結末、非常に気になりますね!