【これは名案】トイレ優先カードの実現可能性はあるのか?実施されるとしたらいつから?

朝のトイレや我慢できないほどの腹痛、辛いですよね。

特に通勤時の電車内でなったりしたら恐ろしいですが、これはなった人たくさんいんじゃないのでしょうか。

限界を迎え遅刻覚悟で下車してトレイに直行しても、朝ってめっちゃ並んでてトイレに入るにも困難ですよね。

朝だけじゃなく、休日のデパートやテーマパークなんかも恐ろしいほど混んでいます。

我慢するのが本当にキツイんですよね。

しかし、急な便意に襲われる病気「潰瘍性大腸炎」というのがあり、これは難病指定されているほどの怖い病気です。

排便時に血も一緒に出たり、本当の我慢できなかったりなど、かなり厄介な病気です。

そんな病気に救いの手となるような「トイレ優先カード」が現在考えられております!

このカードがあったらいいですよね!

今回は「トイレ優先カード」について書いていきます!

トイレ優先カードの実現可能性は?

トイレ優先カードですが、現在実現するかどうかも踏まえ検討されている段階とのことです。

ですので、もしかしたら実現されることなく終わってしまう可能性もあります。

ですが、このトイレ優先カードを支持する人はかなり多いようで、朝の番組「とくダネ」で高橋メアリージュンさんも支持していると明言しておりました。

こうした芸能人の方が押してくれると一気に実現可能性が上がりそうな気がしますよね、頼もしい!!!

ちなみに、難病指定されている「潰瘍性大腸炎」はあの安部首相も患っており、「潰瘍性大腸炎」が理由で首相を辞任しております。

それくらい、抑えることができない程の苦痛だということですよね、恐ろしい。。。。

トイレ優先カード実現に向けての支障ってなに?

いざトイレ優先カードの普及が始まった場合、問題とされるのは「認知度」と「理解度」と思われます。

トイレ優先カードを知らない人がカードを見せられて先にトイレに讓るっていうのは、考えにくいですよね。

「なんだそれ、自作か!?ちゃんと後ろ並べよ!」みたいな反応が帰ってくるかもしれませんからね。

さらにトイレ優先カードの存在を知っていたとしても、朝のトイレやデパートの行列って結構ギスギスしてるんですよね。

朝なんて特にちょっとした殺気立っているかもしれません、、、。

そんな中先にどうぞって譲るというのは理解度とお腹の緊急度によって変わってくるかもしれませんからね。

それももちろん問題ですが、トイレでスマホを使ってゆっくるする奴をどうにかするともうちょっとマシになるかもですね。

トイレ優先カード実現に向けての世間の声は?

では、ここでトイレ優先カードの実現に対する声を見ていきたいと思います!

やはり身近な問題故に、あったらいいなという声はたくさんありますが、一方で認知されないじゃないか?とか譲ってもらえないんじゃないの?という心配が多かったですね。

しかし、これはやっぱり実現できるならしたい!という期待の現れですよね。

トイレ優先カード実現可能性に向けてのまとめ

今回はトイレ優先カードの実現可能性について書いていきました!

現時点では実現を含め「考案中」ということですが、高橋メアリージュンさんのような芸能人の方や著名者からの声が多いと本当に実現ができそうですよね!

しかし、一方で実現ができたとしても認知度と理解度に不安を抱いている方もいるようです。

とはいえ、個人的にはトイレ優先カードは実現した方がいいとも思うので、今後の展開に注目したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です