水曜日のダウンタウンの色ナシ臭いアリ空気砲の正体はくさや?臭いレベルはアレの3倍も

水曜日のダウンタウンでちょくちょく発射される「色ナシ臭いアリ空気砲」。

めっちゃ臭いとされていますが、その正体はおそらく「くさや」ではないでしょうか。

バラエティで使う臭いものの代表ですよね。

よく聞きますけど、くさやってどんな臭いなんでしょうかね?

どのくらい臭いものなのか、比較できたりしないのかな?

そんなわけで!

今回は水曜日のダウンタウンでおなじみ「色ナシ臭いアリ空気砲」の正体について書いていきます!

くさやってどのくらい臭いの?

くさやは世界で5番目に臭い!と称されているほど、強烈に臭いです。

しかしながら、食べ物であることもまた事実です。

臭い臭いと言われながら食べられるくさやですが、一体どのくらい臭いものなのでしょうか?

くさやを数値化!臭いレベルとかわかるのかな?

現代はなんでも数値化し指標とすることに成功しており、臭いも例外ではありません。

臭いを客観的に数値化するために作られた装置があり、単位をアラバスター(Au)といいます。

この数値が大きければ大きいほど臭い!ということになります。

くさやのアラバスターは加熱前と加熱後で大きく変わってきます。

加熱前は447Auに対し、加熱後は1267Auと驚異の3倍。

しかし、数字だけ見せられてもこの数字がどれほど臭いものなのかわからないですよね。

それでは身近なもので比較をしていこうと思います。

イメージがほしい!くさやの臭いってどのくらい?

くさやの臭いがどのくらい臭いのか数値ではっきりしました。

それでは今度はくさやがどのくらい臭いのかイメージをつけていこうと思います。

みんなが知ってるあの食べ物!くさやは納豆よりも臭い?

日本食での臭い食べ物の代表格といえば、やはり納豆でしょう。

あまりの臭さから海外の方には受け入れられず、日本人だって苦手な人はいるほど。

他人が食べている納豆は臭いけど、自分で食べてるときは気にならないのが不思議です。

納豆のアラバスターはいくらかというと、、、

452Au!

なんと、焼く前のくさやと同等です。

くさやが本気と出すと納豆の3倍臭くなるということです。

強烈過ぎてイメージがつきにくいですが、かなり臭いというイメージは固まりますね。

食べ物じゃないけど、くさやと野球部の練習後のストッキングより臭い?

納豆の3倍臭い!ということですが、食べものなのでちょっと受け入れやすい気がします。(私だけでしょうか?)

食べ物意外で、野球部の練習後のストッキングで比較をしてみます。

野球部の練習後といえば汗泥まみれでスパイクで蒸れ蒸れな印象、もちろん頑張った証拠です。

そんな野球部の練習後のストッキングも臭い測定がされており、個人差はあるもののアラバスターは420前後と言われています。

野球部の練習後のストッキングは納豆と同等だったんですね。

しかし、納豆よりも臭いが強いイメージがあります、、、。

ちなみに、普通に生活した後の靴下はアラバスターは120Auですから、くさやはその10倍臭いということに。

焼いた後のくさやの臭いがどれくらい凄いものか、、、

これを平気で乱用する水曜日のダウンタウン、恐るべしですね。

くさやの臭いレベルはあの3倍だった

今回はくさやの臭いについて書いていきました!

水曜日のダウンタウンで使用される「色ナシ臭いアリ空気砲」の正体はくさやということですが

くさやは焼く前と焼く後で臭いがレベルに大きな差がありました。

焼く前は447Auで、これは納豆(452Au)と野球部の練習後のストッキング(420Au)とほぼ同等。

しかし、焼くと1267Auという3倍の臭さに進化します。

納豆やストッキングの臭い程度の優しいものを使うはずがないので、水曜日のダウンタウンでは焼いたくさやを使っているはずです。

この臭いのイメージを持ちつつ見てると、ますます苦笑いになっちゃいますね(・_・;)w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です