”緊急事態宣言”発令で保証金や給付金はどうなる?いつから?申請方法や金額について

お金

年末年始のコロナウィルス感染拡大を受けて、いよいよ国が緊急事態宣言を1都3県に対して発令するようです。

具体的な情報はまだでておりませんが、飲食店の時短営業などを要請すると見られています。

今の所の情報では夜8時までが営業時間と言われておりますが、、、

居酒屋さんなんて、そっからが本気を出す時間ですよね。

国からきちんと保証金がでるのでしょうか?

また、この影響で収入が減る人も出てくると思いますが、給付金等はまたあるのでしょうか?

今回は緊急事態宣言についての保証金や給付金について見ていきます。

緊急事態宣言発令で企業への保証金は?

今回の緊急事態宣言の発令に伴い、企業への保証金はあるのでしょうか。

前回緊急事態宣言を出したときには持続化給付金という形で企業へ政府が支援を行っておりました。

それでも経営が苦しかったという企業も多くありましたが、、、

今回は持続化給付金・保証金といったものはあるのでしょうか?

現段階では未だ情報はありませんが、流石に、緊急事態宣言を発令する以上は持続化給付金はあるのではないでしょうか。

でなければ、あまりにもひどすぎますよね、もはや政府の施策とは呼べないものに、、、。

今後の発表で持続化給付金については触れられる可能性があります。

緊急事態宣言で個人への給付金はあるの?

前回の緊急事態宣言では企業に給付金がありましたが、同様に国人にも特別定額給付金という形で一律支給されておりました。

実際に収入が減る人も大勢いますので、個人への給付金も必要な人が多いのではないでしょうか。

しかし、持続化給付金同様、特別定額給付金についても現段階では政府からのコメントは出ておりません。

今回の緊急事態宣言は完璧に休業と言った形を取らない代わりに普通に特別定額給付金は出ない、可能性もありそうです。

ここも持続化給付金と同様に給付金が出てくれればいいんですけども、、、。

申請の時期も金額も、あるかどうかも不明

今回は持続化給付金と特別定額給付金について見ていきました。

特別定額給付金、企業への保証金についてですが、現段階では出ると言った発表は未だありません。

緊急事態宣言を出して企業への協力を仰ぐ以上は流石に出すのではないかと思いますが、、、

また特別定額給付金、個人への給付についてですが、こちらも持続化給付金と同様ま出るかどうかは不明です。

しかし、緊急事態宣言で完璧に休業といった形を取らないため、給付がない可能性も高そうです。

国家公務員はを0.05カ月引き下げて年4.45カ月分ボーナスがガッツリでているので、、、その分を抑えて給付金を出してくれてもいいと思うんですけどね(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です