【ダーウィンズゲーム】シュカのベッドシーンは何話?貴重な計3回を紹介!

シュカ

ダーウィンズゲームのシュカといえば、性格がぶっ飛んでるけど超絶かわいい系金髪ヒロインですよね。

そんなシュカは主人公であるカナメに完璧惚れ込んでいます、

そんなシュカですが、、、、

異様に気になるキーワードがありました。

それが

「ダーウィンズゲーム シュカ ベッドシーン 何話」

です。

なになになに、なんだって?

このページを見に来てくれた方はこのキーワードを見つけて気になってきてくれた方もしくはこのパワーワードが気になった方に違いありません。

今回はこのパワーワードのアンサーを回答していきますね。

シュカのベッドシーンは何話?

それでは早速、シュカのベッドシーンを見ていきましょう!

キーワードにある通り、シュカには作中で複数回ベッドシーンがありました、、、!

それはいつ、何巻、何話で??

焦る気持ちを抑えつつ、ゆっくりと見てきましょう。

シュカの最初のベッドシーン:2巻6話と2巻7話

シュカ

シュカの最初のベッドシーンですが、カナメとの工場のバトルを終えた直後、カナメを自宅まで運んだときです。

シギルを使ってカナメを自宅まで運び、疲れて着替える気力が途中でなくなったというシーン。

この時は流石に驚きましたね、戦いの後にいきなりこの流れ?みたいな。

ただアニメだとこの後に勢いにあるオープニング曲が流れて非常にかっこいい流れで、それ目当てで何回でも見ちゃうシーンでもあります。

あくまで、オープニング曲への流れがかっこいいという名目ですからね。

こちらアニメで見る場合、カナメとシュカとの工場バトルは無料で見れるU-NEXTがオススメです。

見たことない人はぜひ見てみてください、本当にかっこいいんで!

ダーウィンズゲームを無料で見るならコチラ
U-NEXTなら初回登録後30日間お試しで作品が見れちゃいます!
しかも600ポイント貰えるから最新巻や気になる巻も見れちゃう!
↓↓↓↓ご登録はコチラから↓↓↓↓



シュカの2回目のベッドシーン:13巻51話

シュカ

シュカの続いてのベッドシーンは13巻の51話、カナメがサバイバルイベントをクリアした直後です。

カナメは疲労困憊で寝ていたところ目が覚めると同じベッドでシュカが寝てしました。

え??思ってたのと違うって?

思っていたことというのはちょっとわかりかねますが、こちらも一応ベッドシーンということで、、、、(震え声)

この時はカナメも俺に襲われるとか考えないのかね?って結構疑問視していましたが、シュカ的にはウェルカムだったんでしょうね。

シュカの決定的なベッドシーン:16巻62話

シュカ

決定的なベッドシーンは16巻62話、海賊イベントの直前、現場はシュカの部屋。

厳しい戦いが続き、これからどうなるかわからない、、、だから気持ちを確認したいと、グイグイ来たシュカ。

これからの厳しい戦いを考え、自分の気持ちに正直になったカナメ、、、この後二人は決定的に結ばれることになります。

無事に二人が結ばれて嬉しい限りですね!

ちなみに、二人がこうした仲になったのはサンセットレーベンズの中で唯一、スイだけが気づいています。

シュカとカナメがやっと結ばれた

シュカ

シュカとカナメが晴れて結ばれた形ではありますが、実は前からシュカがグイグイカナメにアタックしていました。(知ってると思うけど、、)

しかし、カナメはどうやらシュカからの誘いを延々と断っていたようです。

二人の関係は12巻48話ではおあずけをしていた

シュカ

カナメはシュカから日々猛烈にアタックされていました。

それを断り続ける鋼の精神を持っているカナメ。

こんなにかわいい女の子から延々とアタックされたら、一瞬で落ちるけどね

しかし、これまでの厳しい戦いの連続、そしてシュカのストレートな気持ちにいよいよカナメも観念した模様。

二人が無事に結ばれたのがなにかのフラグになっていなきゃいいのですが、、、。

シュカのベッドシーンは全部で3回

さて、今回はシュカのベッドシーンについてみていきました。

シュカのベッドシーンは全部で3回あり、

シュカのベッドシーン
・2巻6話と2巻7話
・13巻51話
・16巻62話

となっていました。

シュカは最初の戦いからカナメのことが好きで好きで仕方なかったのですが、カナメがそれを延々と保留にしていました。

しかし、厳しいイベントの連続に「次はないかもしれない」といった危機感、シュカのストレートな気持ち、そしてカナメ自身の気持ちに正直になったことで、16巻62話で無事に結ばれた形になりましたね。

さてさて、可愛いシュカのベッドシーン、いかがだったでしょうか。

最後までお読みいただいてありがとうございました(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です