”進撃の巨人”ループ説は確定!ループからの脱却の物語【ミカサがキーパーソン】

ミカサ

進撃の巨人がついに完結してしまいました。

規格外の敵、ドンデン返しばかりの非常に壮大なストーリー、読んでいて全く先が読めず、毎回ハラハラしていました。

進撃の巨人の考察として昔から有力だったのは”ループ説”でした。

しかし、月日を追う毎にそんなことないだろ、否定されていましたが、、、。

最終巻にて、なんとガチでループしていたことが判明!!

どこでループをしていたのか?

またループになる条件はなんだったのか??

今回は進撃の巨人のループ説について見ていきます!

進撃の巨人はループ説が有力だった

進撃の巨人は始まった当初よりループ説が有力だと言われていました。

どのようなループ説が考えられていたのでしょうか。

絶望敵すぎる物語。実は夢でした!的な話じゃないと収集がつかなかった?

進撃の巨人の世界観からして、絶望感が半端ないところからループ説が言われていました。

また、実はこれはエレンが見ていた夢の物語で、起きたらエレンは第一話の樹の下で寝ている、といったもの。

その他にもミカサの頭痛がするのもループのスイッチなのでは?と言われていました。

ただ、これらは結局の所は否定される形となっていましたが、、、最後の最後でドンデン返しがきました。

進撃の巨人はループを脱するための物語

進撃の巨人の世界は、実はループを既にしている世界線であることが最後に判明しました。

この悲劇を幾度となく繰り返してきていた、ということに。

そのループを脱するための物語、そしてキーパーソンがミカサとエレンの2人でした。

ループを脱するためのキーパーソンはミカサ

進撃の巨人はループものではあるものの、ある決断をすることでループから、そして巨人から脱却するという物語でした。

そしてそのキーパーソンが、ミカサです。

ミカサ

ミカサのといえば、出場当初からエレンのことが大好きで仕方のなかった、作中最強の女の子です。

そんなミカサが、大好きなエレンと一緒にいることを選択すると問題がなにも解決されず、ループが決定することに。

反対に、ミカサが大好きなエレンにトドメを指すことによって世界から巨人が諸滅するという、、、

どちらも完全なハッピーエンドとは言い切れないような、そんな話になっていたんですね。

巨人が世界から消滅!しかし代償は大きい

ミカサ

ミカサがエレンにトドメを刺したことによって、世界から巨人がいなくなり、エルディア人への迫害もなくなることでしょう。

しかし、そうなるまでにはかなりの代償が必要でした。

ユミルを、始祖の巨人の力をエレンが完璧に自分のものにする必要があります。

それは、つまり地ならしの発動を意味します。

そしてミカサがエレンにトドメを刺すまでに、エレンは地ならしによって世界の8割の人口、文明を踏み潰していていったとのこと。

エルディア人を守るため、そして巨人から人間を開放するために、人類の8割を代償とし払ったということです。

その中には大事な仲間であったり、主人公であるエレンも含まれていました。

最終回に気になる木が。巨人はまた出てくる?

ミカサがエレンを失う決断をし、そして巨人がいなくなった世界で、一番最後に巨大な樹が登場してきました。

その樹はかつて始祖ユミルが巨人の力を手に入れた時に現れた樹と、ほぼ同じもの。

もしかしたら、その樹に落ちたらまた巨人が登場してしまうと言ったことも起きそうです。

もしかしたらジークの秘策がベストな解決策だったんじゃ、、

ジーク

世界から晴れて巨人がいなくなり、平和が訪れたようにも見えますが、最後の描写の樹が非常に気になります。

これ、完璧落ちたらまた光るにょろにょろにぴたぁってされて、巨人化する気がしますよね。

となれば、もしかしたらジークの考えていた秘策「安楽死計画」のほうが実は平和的な解決方法だったのかも知れません。

エルディア人がみな寿命で天寿を全うし、そして巨人もいなくなっていく、、、。

しかし、この安楽死計画にもエルディア人全てという犠牲は出ますが、少なくとも人類の8割を巻き込んでのエレンの強行策よりも、犠牲は少なく済む形かと。

まぁ、ここは犠牲の数ではなくエレンが拒んだことが原因なのですが、、、本当の本当の救世主はもしかしたらジークだったのかもしれません。

進撃の巨人はループから脱却する壮大な物語だった

今回は進撃の巨人のループ説について見ていきました。

当初からループだろという説が出ていましたが、否定をされてきていました。

が、進撃の巨人は実はループするもので、ループから脱却するための物語でした。

そのループから脱却する条件というのは、エレンが始祖の巨人、ユミルの力を掌握し、その上でミカサがエレンにトドメを刺すこと。

その結果、世界の人口の8割と文明・文化、そしてエレンを失ったことにより世界から巨人が消える形となり、エルディア人も晴れて巨人から開放されました。

ループものではあるものの、全くループ感を出さずに、最後の最後まで気づきませんでしたね、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です