”進撃の巨人”アズマビト家キヨミ様が怪しい!実は黒幕?ジークと取引済みの裏があった

キヨミ様

パラディ島の外の世界は広く、色んな国があり、色んな人種が暮らしていました。

そして多様な世界の人達がパラディ島へ向けて力を合わせて攻撃をする、という非常事態へとなりました。

しかし、ヒィズル国のアズマビト家のキヨミ様だけはなにか、、、裏がありそうな気がします。

エルディア人であるダイバー家当主ヴィリーの演説の前に場を去ってしまいましたから、、、。

その後エレンがヴィリー及び各国の上官や一般市民を巻き込んで無差別に攻撃。

キヨミ様はまるでこうなることを知っていたような、、、何か裏がありそうですね。

今回はアズマビト家のキヨミ様について書いていきます!

キヨミ様がヴィリーとの挨拶後に消えた理由は?

ヴィリー

これから演説が始まるという、まさに直前。

緊張していたヴィリーにキヨミ様が挨拶をしに行くのですが、その直後キヨミ様の表情は一変。

その場を足早に去っていきました。

これは裏があるとしてか思えませんね。

キヨミ様はエレンの襲撃を知っていた!

そうなんです、実はキヨミ様はエレンがこの演説中で奇襲をかけることを知っていました!

エレンが襲ってくることを知り、ヴィリーに挨拶だけササッと済ませた後に、その場から離れたのです。

攻撃に影響のない、安全なところまで、、、。

キヨミ様はどうしてエレンが襲撃するのを知っていた?

キヨミ様はエレンがが襲撃するのを知っており、いち早くその場を去りました。

どうして、エレンが襲撃するのを知っていたのでしょうか?

キヨミ様が黒幕?裏ではマーレの裏切り者であるジークとつながっていた?

ジーク

キヨミ様が離れて安全なところに行った後にエレンの襲撃が発生しました。

あのしたたかな感じ、、、実は黒幕って言われても信じてしまいそうですよね。

しかし、キヨミ様はこの襲撃の黒幕ではありません。

黒幕はある作戦を実行しようとしているマーレの戦士で獣の巨人の継承者”ジーク”です。

ジークの作戦にエレンが乗っかり、そしてキヨミ様も協力しているということです。

今回の作戦に直接的にキヨミ様は関与していませんが、、、ジークとは共謀してある目的を進めていました。

ジークが狙っている作戦にについては別記事にて紹介しているのでよければこちらもどうぞ!

エレンとジーク ”進撃の巨人”エレンとジークの目的とは?”秘策”の内容がガチヤバい

キヨミ様の狙いはパラディ島の資源?

キヨミ様

ジークとエレンは共に共闘する理由が明白にあります(エレンはぶっちゃけ違いますけど、、、)

しかし、キヨミ様にはまた別の目的があります。

それは”パラディ島”の資源です。

実はエレン達が暮らしていたパラディ島は資源の宝庫。

しかし、巨人がいて、更に悪魔の民族がいることから誰も手を出せずにいました。

キヨミ様はジークを仲介としパラディ島と接触、パラディ島に対し様々な支援をすることで莫大な資源を手に入れようとしています。

無償で仲良く、というのはやっぱりなかったんですね、、、

余談!ヒィズル国やアズマビト家のモチーフは日本か

新しく登場したヒィズル国アズマビト家のキヨミ様。

このモチーフは”日本”ではないでしょうか。

まぁ、見た目からしてそんな感じなんですけども笑

見た目の東洋人という感じも日本のイメージが近いですし

”アズマビト””も漢字変換で”東人”となり、ますます東洋人。

最後は”ヒィズル国”ですが、これは”日出ずる国”と見ることができ(るような気がし)ます。

”日出ずる国”、、、これは日本の国旗のイメージになるのではないでしょうか。

物語にも大きく関与してきますので、ここにきて諫山先生の日本リスペクトが来たのではないでしょうか。

キヨミ様は黒幕ではないがジークの共謀者だった!

今回はキヨミ様について書いていきました!

どうも怪しいと思ったら、やはりジークの共謀者だったんですね。

今回のエレンの襲撃には直接的には関与していないものの、パラディ島への支援をしていました。

その狙いはパラディ島に眠る莫大な資産です。

やっぱり裏があったんですねぇ。

ライナー ”進撃の巨人”ライナーがかわいそうな理由4つ!作者のお気に入りで愛情たっぷりか ヒストリア 進撃の巨人のヒストリアの子供は誰の子?隣の男性説?父親エレン説は本当? ”進撃の巨人”エレンの目的がやばい!敵でラスボス説が確定か! ”進撃の巨人”真の黒幕は始祖ユミル説?エレンは使われているだけ? エレン “進撃の巨人”エレンが104期を裏切りジークの元へ!真相がヤバすぎた アニ “進撃の巨人”アニはその後はどうなった?復活のキッカケになることネタバレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です