【ダイの大冒険】ロンベルクの強さは実は○○1だった!鍛冶屋をしているのも理由があった

ロンベルク

ダイの大冒険の重要な登場人物の一人、ロンベルクさん。

”魔界の名工”という名前がついているほど数多くの武器を創り出しており、作中最強の剣であるダイの剣もロンベルクさんによって作られました。

最高の鍛冶屋、、かと思いきゃ、実は検の実力も相当なレベルであることがわかりました。

ロンベルクさんって、どのくらい強いんでしょうか。

また、そんなに強いのにどうしてわざわざ加治屋なんてやっているんでしょうかね??

今回はロンベルクさんの強さについて見ていこうと思います!

”魔界の伝説の名工”ロンベルクさんが登場!

ロンベルク

パランとの死闘を経てバランが持つ真魔剛竜剣を超える剣を探すべく、またダイが全力を込めて闘うことができる剣を探す過程で出会った魔族の男、それがロンベルクさんです、

ロンベルクさんは実は魔界では名前の通った名工、鍛冶をしており、なぜか人間の世界で武器作りをしていました。

鎧の魔剣・鎧の魔槍・そしてダイの剣も作成

ダイの剣

ロンベルクさんはヒュンケルが持っていた”鎧の魔剣”、ラーハルトが使っていた”鎧の魔槍”を創り出した、まさに伝説の名工です。

そして作中では伝説の金属と言われており、錬金も加工も不可能と思われている神秘の金属を打ち、見事ダイの剣を作成しました。

これからの戦いはダイの剣が必須となってくるので、まさに物語の立役者といった人物です。

また追パーティー全員の武器を作ってくれるなど、更に尽力してくれる人物でもあります。

武器を作るだけじゃなく、なんと剣を持った時の実力もぶっ飛んでいることが判明!

ロンベルクさんは実は剣の実力も作中トップ

ロンベルク

ロンベルクさんは武器を作るだけじゃなく、剣を持って戦ったならば右にでるものはいないほどの腕前とのこと。

実際にヒュンケルとダイ、二人を相手に稽古をつけることにもなります。

ダイとヒュンケルを簡単にさばいてしまう

ダイ

ダイと超魔生物へと進化したハドラーとの戦い、そしてヒュンケルとミストバーンとの戦い。

それぞれの戦いを経て力不足を痛感した二人はロンベルクさんに武器の修復を依頼、そしてそのまま稽古をつけてもらうことになります。

ダイとヒュンケルって、パーティーの最強格の二人になりますが、ロンベルクさんの前には全く相手にならず。

もはや2対1でも全く息も乱れず、圧倒されていました。

しかし、ロンベルクさんの強さこんなものではありません。

実はあのミストバーンと互角異常!しかし、まだ本気じゃない

ロンベルク

ロンベルクさんはヒュンケルが苦戦したミストバーンと、それも全力のミストバーンと互角に闘うことができます。

闘魔滅砕陣すら、ちょっと剣を突き刺しちゃえば吹き飛んでしまうほど。

そしてミストバーンが手も足も出せないまでに剣一本で攻めたてることができます。

しかも、、ロンベルクさんはそれでも未だ本気じゃないんです。

一体本気を出したらどこまで強いんでしょうか。

ロンベルクは全力を出すとどのくらい強いのか?

ロンベルク

今でこそ鍛冶屋さんをしているロンベルクさんですが、実は魔界に産まれすぐに剣を極めてしまった超天才剣士だったんです。

だからダイとヒュンケルも子供扱いされ、ミストバーンをも圧倒することができたんですね。

下手したら、、、魔界でも地上でも一番強いんじゃないの?っていうほどです。

んまぁ、さすがに竜闘気をバリバリだしてるダイやバランには敵わないかもしれませんが、、、

しかし、そんなロンベルクさんも一つ悩みを抱えていました。

それが「使える武器がない」(あれ、どっかで聞いたぞ、、、、?)

ロンベルクは耐えられる武器がないほど強い

ロンベルク

ロンベルクさんは力も剣技の腕の強すぎるが故に、扱える武器がありません。

ダイやヒュンケル、ミストバーンと戦っている時でさえ全力ではなく、武器が耐えられる範疇での攻撃をしていたんですね。

ちなみに過去数百年前に全力を出したことがあるそうなんですが、その時は武器と両腕とが破壊されてしまったのだとか。

手が無事に再生した今でも舐めプでした戦えないというのは、なんとも歯がゆいですよね。

ロンベルクが鍛冶屋をやっていたのは自分の武器を作るため

ロンベルク

ロンベルクさんが伝説の名工として武器を作っていたのは、他の誰でもなく、自分自身の攻撃に耐えられる武器を探していたということ。

その最強の武器というのが神が造ったとされている「真魔剛竜剣」だったんですね。

ダイに思いっきり世話を焼いてしまったのは目標と言える「真魔剛竜剣」を叩き折ったことと、全力を出せないダイが昔に自分に重なったからだとか。

だからダイ達に「あんなに親身になって世話を焼いてくれてたんですね。

魔族ではあるが、よほど人間に近い感性をもっているような感じがしますね。

ロンベルクさんは魔界最強の剣士だった!武器作りは実は自分のため

今回はロンベルクさんの強さについて見ていきました!

実はロンベルクさんは魔界に産まれてすぐに剣技を極めてしまった最強の剣士でした!

しかし、あまりに強さ故耐えられる武器がなく、自分自身が使える武器を作るため、鍛冶屋をしていたという。

目標は神が造ったとされる「真魔剛竜剣」で、この剣と対等に戦い、ましてや叩き折ったと聞いた時は大喜びしていましたね。

というか、だからロンベルクさんってあんなに強かったんですね。

ポップ 【ダイの大冒険】ポップは強さは異質!最弱魔法使いから最強大魔道士への道のり! 炭十郎 【鬼滅の刃】炭治郎の父の正体は鬼殺隊”柱”?炭十郎の強さの秘密は”呼吸”と”ヒノカミ神楽” ダイ 【ダイの大冒険】ダイの必殺技8つまとめ!超高威力ばかりでどう見ても地上最強! ポップ 【ダイの大冒険】ポップは作中一番の天才!強力な呪文会得だけじゃなくカイザーフェニックスもノーコストで無効化 ポップ 【ダイの大冒険】ポップが”竜の血”を飲んで覚醒?復活の条件や能力底上げが半端なかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です