”進撃の巨人”エレンがライナーと”同じ”の意味は心の弱さか【お前と同じだよ 仕方なかったってやつだ】

エレン

ライナーとエレンが4年ぶりに再開、、、いるはずのない異常に怯えるライナー。

お構いなく淡々と話しを進めるエレン。

その話の中でエレンはライナーにこう告げます。

【お前と同じだよ 仕方なかったってやつだ】

エレンが言ったライナーと”同じ”とはどういう意味なのでしょうか。

今回はこの”同じ”という意味について見ていこうと思います。

エレンがライナーと同じとはどういう意味?

ライナー

エレンがライナーが言った”同じ”という意味はどういうことでしょうか?

この言葉の意味を見ていきたいと思います!

ライナーはかつて自分の世界のために壁内を攻撃した

エレン

そもそもライナーがなにをしたのか。

これはもう周知の通り、パラディ島に攻め込み壁を破壊し壁内人類に攻撃を仕掛けました。

攻撃した理由は壁内にいる壁の王から”始祖の巨人”を奪還すること。

そうすることでマーレをより強固な国へとするつもりだったのです。

その奪還作成を任されたマーレの戦士が「ライナー」「ベルトルト」「アニ」そして「マルセル」の4人でした。

結果、超大型巨人で壁の扉を蹴り開け、その時最初に犠牲になったのがエレン達だったというわけです。

エレンは公演中に襲撃!これが”同じ”の意味か

エレン

エレンはライナーと話した直後に巨人化、公演中に襲撃を掛けます。

マーレの重要人物、ダイバー家当主、そして無関係の人を全て巻き込んで。

まさにライナー達が壁を破壊したのと同じ状況となりました。

この”襲撃”をすることを決意していたのでエレンはライナーと”同じ”と言ったということでしょうかね。

エレンが言った”同じ”の意味は”地ならし”を指していた?

地ならし

エレンがライナーと同じと言った意味はてっきり先程の襲撃の件かと思いましたが、どうやら違ったようです。

エレンは”進撃の巨人”の能力で更に先の未来まで見ていました。

見ていたのは、そう、エレンが地ならしを発動したあとの世界です。

エレンは世界各地を地ならしの巨人で襲い、外の世界を文明ごと抹消するつもりです。

そうなると、全然無関係で平和に暮らしていた人が巨人に襲われる、、、まさに昔のエレンと同じです。

もっというと巨人なんて知らない人でさえも突如として巨人に踏み潰されていくわけです。

全く無関係の人たちをエレンの都合で襲っていく。

エレンがライナーと”同じ”といったのはこのことを指していたのではないでしょうか。

かつてライナーを責めた104期も同じ立場に

ライナーと同じ

かつてはライナー達を責めていた104期生達。

104期生だけじゃなく、壁内の全員がライナー達を世界の敵だと憎んでいました。

ライナーたちは加害者となり、壁内の全員が被害者となりました。

が、今回のエレンの地ならしの発動による立場が逆転されました。

世界の人たちはなにをしたわけでもなく「パラディ島の外の人類」ということでエレンに攻撃をされる被害者となります。

そして壁内人類は世界から本格的に憎まれる対象となる”加害者”となります。

もはや104期生含め壁内人類はライナー達を責める資格がなくなりました。

だからこそ、エレンストッパーズとして一丸となり、エレンを止めようとしているんですね。

エレンは立場だけじゃない!これから手に掛ける人にも情を掛けてしまう

エレン

エレンがライナーと同じだと言った本当の意味、、、

それは、エレンもライナーと同じ半端なクソ野郎になってしまったということ。

ライナーは始祖の巨人奪還のため壁内人類全てのものに死んでもらう予定でした。

そのために壁を破壊し、強襲を仕掛けてきたんですよね。

しかし、壁内人類を全滅させようとしている割には調査兵団の中ではリーダーとしてみんなを守るようにしてきました。

時には身体を張って生命を掛けてまで、、、

行動のギャップ、そして兵士としてのライナーと戦士としてのライナーの狭間で精神が壊れかけるほどのストレスに苛まれていました。

エレンはその様子を見て「精一杯苦しんで殺せるよう努力する」と言い切りました。

が。

エレン自身はこの後地ならしにより世界の8割を巨人で踏み抜く未来が確定しまいます。

自分でこれから殺す人間に対して情を掛け、助けるといった行動をしてしまう、、、

エレン

ライナーと同じく矛盾した行動をしてしまいます。

エレンもライナーと同様にこれから殺そうという人達に対して情が移り、助けるといった行動と取ったことでライナーと同じくクソ野郎だ、と。

エレンは唯一ライナーのやベルトルト、アニの気持ちを汲めるようになった人物なのでしょう。

まぁ、ベルトルトだけはきっちり殺すって言って超絶攻撃してきましたけどね。(あの野郎、、、、)

ベルトルト

エレンとライナーが”同じ”という意味は”地ならし”を見たからこそだった

今回はエレンとライナーが”同じ”という意味について書いていきました。

ライナーは始祖の巨人を奪還し壁内人類を全滅させるべく攻撃を仕掛け、エレンは壁内人類を守るために全世界全てを抹消しようとしています。

ライナーは壁内人類全員に恨まれ、エレンは全世界から恨まれる形になります。

地ならしは無関係の人たちを巻き込んだ講演会襲撃の規模ではなく、対象は世界の人口の8割です。

しかし、これから殺そうという人たちに情が移り助けてしまうという行動を取ったエレン。

ライナーについても壁内人類を抹殺しようとして調査兵団となり同期や壁内人類を助ける行動を取ります。

殺す相手に対して情を掛けて助ける半端なクソ野郎、、、これがエレンが話した”同じ”の真意だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です