【鬼滅の刃】胡蝶しのぶの能力は超スピード?薬学の知識や執念深さで柱まで上り詰めた異質の剣士か

胡蝶しのぶ

鬼滅の刃の最強の剣士の一人、蟲柱・胡蝶しのぶ。

見た目の可愛さには似合わず、残酷なことを淡々というところからサイコパス臭がでているものの、あまりに可愛さにそんなことも気になりませんよね。

そんな胡蝶しのぶですが、実は非力で鬼の首を切って倒すことができません。

しかしながら、鬼殺隊の最高位である「柱」まで上り詰めている事実、、、

胡蝶しのぶにはなにかしらの能力がありそうな感じがしますよね。

今回は胡蝶しのぶの能力について見ていこうと思います!

胡蝶しのぶは鬼殺隊最高位・蟲柱

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶは鬼殺隊の最高位である「柱」の一人です。

こんなに可愛いくて素敵な女性なのに、まさかの「蟲柱」というギャップ。

虫って聞くと、、、芋虫とか、バッタとか、セミとかを連想しましたが、、、

胡蝶しのぶは「蝶」だったり「毒」をモチーフにして戦う剣士です。

そういう意味で「蟲柱」だったんですね、納得です。

胡蝶しのぶが扱うのは虫の呼吸。鬼殺隊唯一無二の剣士

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶは毒を扱う剣士で、扱う呼吸の型は「虫の呼吸」です。

どの技も毒を用いて鬼に毒を注入し倒していきます。

そしてこの毒は薬学に詳しいしのぶだからこそ扱うことができ、作り出すことができました。

この特殊な型はしのぶ以外は使えないのではないでしょうか。

まぁ、普通の鬼殺隊は鬼の首を切り落とすので、わざわざ毒を使う必要なんてないんですが、、、

とはいえ、この戦い方で鬼殺隊の「柱」にまで登り詰めているわけですから、相当強力であることには違いありません。

胡蝶しのぶにはどんな能力がある?

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶは蟲柱であり、毒を以て戦う「虫の呼吸」を扱う剣士ですが、、、

これだけ柱になるって相当ですよね。

胡蝶しのぶには他にもなにか能力があるのでしょうか?

弟子のカナヲや炭治郎には独特な能力があるが、、、

炭治郎とカナヲ

胡蝶しのぶに能力があるんじゃないの?と考えてしまう理由は、登場するキャラにしばしば特異な能力があることが挙げられます。

主人公である炭治郎はやたら鼻がいいし

同期でヘタレの善逸はやたら耳がいいし

弟子であるカナヲは未来が見えてるかってくらい動体視力がいい、、、

こうなると、柱の胡蝶しのぶにもなにかしらの能力があるんじゃないのかって思ってしまいますよねぇ。

実際のところはどうなんでしょうか。

胡蝶しのぶの能力はスピード?しかしパワーが足りなかった

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶの能力について見ていった時に、、、実はこれといった特異な能力はないということになります。

強いて言うなら、上弦の鬼ですら捉えることのできないほどのスピードが能力ではないでしょうか。

そのスピードを活かし、鬼に対して突きの攻撃である「虫の呼吸」を繰り出し、戦い抜いてきましたから。

しかし、毒が効かない鬼に対しては相性が最悪で、身体が軽く小さいしのぶは鬼の首を切るほどの力がありません。

鬼に毒が効かなった時点で、詰んでしまうわけです。

そんな鬼は滅多にいないんですが、、上弦の鬼はやっぱり格が違うんですよねぇ。

スピードがある、というのは能力だとは思うんですが、せっかくなのでその他の胡蝶しのぶの凄いところも見ていこうと思います!

胡蝶しのぶのすごいところは「執念深さ」なのでは

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶの能力と言うか、、凄いところというのは、その執念深さではないでしょうか。

本来は鬼を倒すほどの力もないしのぶ、しかし最愛の姉である花柱・胡蝶かなえを鬼に殺され、それから姉の抜けた穴を受けるかのように自身が柱となります。

力のないしのぶ勉強していた薬学より藤の花から毒を創り出し、その毒を以て鬼を討伐、最終的に鬼殺隊の最高位である「柱」にまで上り詰めたという。

これは姉を殺した鬼を倒す、という胡蝶しのぶの執念ではないでしょうか。

冨岡義勇が「怒りは人の原動力となる」ということをまさに体現しているような感じがします。

感情を推し殺せるのも凄いところ?

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶの凄いところは異常なまでの感情のコントロールです。

しのぶは基本的には鬼が憎く、大嫌いです。

それもそのはず、大好きな姉を鬼によって殺されており、同じように日々鬼は誰かの大事な人を奪っているからです。

ですので、もはや殺してやりたいくらい恨んでいるはずなのですが、、、

胡蝶しのぶは常にニコニコ、笑顔を振りまいています。

その上で鬼と仲良くしようとしたりもしており、本心とのギャップがかなり大きい人物であることもわかります。

これは感情をコントロールしており、表には自分の憎悪を決してだすことはないということ。

よほど憎んでいるのに、、、すごいですよね。

しかし、そんな胡蝶しのぶも上弦の弐・童磨の前だけではブチギレ顔に。

胡蝶しのぶ

本当は普段からこれくらいブチギレまくっているのかもしれませんけど、童磨の前だけでは抑えることができなかったんですね。

胡蝶しのぶの能力は強いて言えば超スピード!しかし毒を作ったり執念深いところも強さの秘密か

今回は胡蝶しのぶの能力について見ていきました!

胡蝶しのぶは鬼殺隊最高位である柱に属していおり、鬼殺隊を引っ張る存在です。

しかし、炭治郎やカナヲといった鼻が良かったり動体視力がすごかったりといった能力はこれといってありません。

強いて言うなら、身体が小さく軽いため、超スピードで動けるという点ですかね。

またそれ以外にも薬学に詳しく藤の花から毒を創り出したり、その毒を用いて「虫の呼吸」を編み出し鬼を狩り続け、最後には柱に上り詰めるまでに。

知識や執念深さも十分すごくて、もはやこれらも立派な能力なのではないでしょか。

また死ぬほど憎んでいる鬼に対して笑顔で友達になろうとしたり、自分の本心を偽り続けるというのも、これも十分に凄いことかと思います!

そんなわけで、胡蝶しのぶの能力について見ていきましたが、最後まで見ていただきありがとうございました(^^)

カナヲ 【鬼滅の刃】栗花落カナヲの能力は時間のコントロール?漫画界を席巻する作中屈指のヤバい能力について 炭治郎 【鬼滅の刃】竈門炭治郎が入れた透き通る世界とは?能力と入れる人物まとめ! 善逸 【鬼滅の刃】我妻善逸が覚醒!キッカケは手紙?覚醒後の変化や編み出した技について 善逸 【鬼滅の刃】我妻善逸の霹靂一閃の速度が判明!マッハでも計算、具体的なわかりやすい例も カナヲ 【鬼滅の刃】栗花落カナヲの”最終選別”無断参加はカナヲの意思!この時点で同期の中でダントツ強かった可能性も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です