【呪術廻戦】夏油傑が特級呪術師になったのはいつ?ターニングポイントは2007年

夏油傑

呪術廻戦作中の呪術師の中で、最強である特級呪術師が4人。

その一人が夏油傑です。

彼は呪霊操縦術と呼ばれる呪霊を取り込んで操ることができるのですが、その能力がやばいのなんのって。

術式は産まれたときから身体に刻まれるものということですので、夏油傑も昔から呪霊操縦術を使えていたはず。

そう考えると、、、一体いつから特級呪術師として認定されていたんでしょうかね。

今回は夏油傑がいつから特級呪術師だったのかについて見ていこうと思います!

夏油傑は現代では特級呪術師

夏油傑

夏油傑は現在は特級呪術師となっており、特級呪術師は夏油傑を含めても4人しかおりません。

明確な特級呪術師の基準というのは明かされていませんが、、、他の特級呪術師の力を見るに、一人で軽々と国でもなんでも制圧できてしまうくらいのパワーを持っていることは明白。

そして夏油傑もそれくらいに力は十分持っています。

それが夏油傑の持つ術式、呪霊操縦術です。

夏油傑が扱う呪霊操縦術がやばすぎる

夏油傑

夏油傑は祓った呪霊を取り込み、従え自由に使役することができます。

雑魚呪霊から特級呪霊まで、夏油傑が従えている呪霊は軽く5000を超えます。

かつては東京都と京都にそれぞれ1000体の呪霊を放って呪霊テロも行いました。

更に、呪霊を一つにまとめてぶつける「うずまき」の威力は途方も無いものに。

数があればあるだけ強くなる夏油傑、ポテンシャルはピカイチです。

術式で判断をするのであれば産まれたときから特級呪術師?

夏油傑

夏油傑の術式が特級に相応しかろうものであることはわかりました。

術式だけで判断されるのであれば、夏油傑は産まれたときから既に特級呪術師だったということになりますよね。

しかし、実際には夏油傑は学生時代は特級呪術師でなかったことがわかっています。

夏油傑が学生時代では1級呪術師だった

夏油傑

本誌では夏油傑と五条悟の学生時代が語れるところがあり、当時から二人は仲がいいんだが悪いんだが微妙な感じではあったものの、最強のタッグとして信頼しあっていました。

この時の五条悟はまだ反転術式が使えなかったり、オートで無下限呪術を使えなかったりと要所要所で今よりも劣っています。

が、夏油傑についてはこの時からガッツリ呪霊操縦術を使いこなしていました。

この時の夏油傑の階級は「1級呪術師」です。

んまぁ、十分1級呪術師でもやべーんですけど、ね。

九十九と会った時は特級呪術師に!星漿体護衛の任務後に昇格か

夏油傑

夏油傑と五条悟の過去編は天元の身体となるはずだった星漿体を護衛する話でした。

護衛終了後、しばらくの間変わらず呪術師として活動していましたが、ある日九十九由基が夏油傑の目の前に現れます。

その際に「同じ特級同士、仲良くしようか」的なことを言っていました。

てことは夏油傑は学生時代は1級呪術師であったものの、九十九に合うまでの間に特級呪術師にランクアップしていたことがわかりました。

そして具体的には星漿体護衛が2006年、九十九と会ったのは2007年でしたので、この間に昇格したってことですかね。

まぁ、この後に葛藤の末、最悪の呪詛師になってしまうんですけどね、、、。

夏油傑は学生時代は1級呪術師だったが九十九と合う頃には特級呪術師へ昇格していた

今回は夏油傑がいつ特級呪術師になったのか見ていきました。

夏油傑は2006年、呪術高専2年時では1級呪術師だったことがわかっています。

その後星漿体護衛の任務を経て一年後、2007年には特級呪術師となっていました。

少なくとも呪術高専に在学中、既に特級呪術師になっていたということですね、

そんな特級呪術師がまさかの呪詛師へ、、、、最大最悪のニュースだったでしょうに、、、。

夏油傑 “呪術廻戦”夏油傑の能力は呪霊操術!特級クラスも操りキャパは4000以上? 五条悟 “呪術廻戦”五条悟の能力や使える技一覧まとめ!納得の”最強の呪術師”だった 乙骨憂太 【呪術廻戦】乙骨憂太は術式も能力も規格外!特級呪術師と言える程のヤバい力の全容をチェック! 歌姫 【呪術廻戦】庵歌姫の強さや術式は?和歌を駆使して戦う?その効果や発動条件、時間に制限がありそう 九十九由基 【呪術廻戦】九十九由基が黒幕ってまじ?特級呪術師かつ能力や立ち位置が謎のせいか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です