【呪術廻戦】庵歌姫の強さや術式は?和歌を駆使して戦う?その効果や発動条件、時間に制限がありそう

歌姫

呪術廻戦は呪術高専の東京高を軸に虎杖や伏黒、五条悟といったメンバーでメインストーリーが進められていっておりますが、作中で京都にも呪術高専が存在しています。

対抗戦のせいで敵感がやたら強いですけど、三輪を含めいい人が多いですよね、ギャグ要員多いし笑

そんなギャグ要員を束ねているのが五条悟の先輩に当たる「庵歌姫」先生です。

五条悟世代の呪術師達はその能力がある程度わかってきたものの、歌姫については実はほぼ情報なし。

しかし、京都高の先生を努めるのであればそなりな実力があるのは間違いないです。

またこれまでの発言やファンブックからある程度歌姫の術式を紐解くことができそうです!

今回は庵歌姫先生の術式について見ていこうと思います!

庵歌姫は強いの?階級をチェック

伊織歌姫は京都の呪術高専の先生をしており、このことからある程度の強さは持っているというのはほぼ確定かと。

また、公式設定上の階級については「準一級呪術師」ということです。

やっぱり準一級以上の呪術師ってことなので、エリートですよね。

庵歌姫は強いが五条悟にけなされていて超ストレスに

しっかりと強いであろう歌姫ですが、年齢はと言うと28歳。

3つ下28歳である五条悟にいつも「弱い」とからかわれており、その度に激高している様がよく見られます。

大声を出したり、時にはお茶を投げつけたり、、、、笑

歌姫

普通に嫌いなんでしょうね、五条悟のことが。

礼儀を重んじるあろう見た目をしているおしとやかな歌姫と、相手をそもそも敬う気持ちの全然ない五条悟。

そりゃそうなるか笑

庵歌姫の術式は?過去の戦闘から考察

歌姫の術式というのはどんなものなのか、それは過去の戦闘からある程度考察ができそうでした。

歌姫が参戦した戦いと言えば東京京都高対抗戦の呪詛師襲撃と渋谷事変です。

対抗戦呪詛師襲撃の際は裏方で完璧に指揮官って感じで、術式もなにもありまえせんでした。

しかし、完璧な不意打ちを交わすことのできる身体能力を持っていることがわかりました。

歌姫

ただ術式とは関係なさそうですね。

それでは術式を使ったであろう渋谷事変より、見ていこうかと思います。

庵歌姫が渋谷事変で参加!みんなの会話から紐解ける術式とは

庵歌姫の術式についてですが、京都高の西宮が気になる発言をしていました。

歌姫

歌姫

一つは三輪を夏油傑の「うずまき」から助け出した際。

もう一つはその後に使う予定だったであろう術式。

この西宮の言葉から察するに、歌姫の術式はなにかしらの理由で「時間」が掛かるとされています。

しかも、その能力も結構逸材っぽい感じで、生徒から信頼もされています。

発動すれば有利になるような術式ということですかね。

三輪を助け出すときの瞬間移動的な術式を見ると、あまり攻撃的な術式ではないのかもしれません。

また、歌姫以外も瞬間移動をしていたところを見ると自分と任意の相手?を巻き込んでの術式の展開が可能なのかもしれません。

公式ファンブックにも「歌」に関係があるということが

歌姫は歌が好きで、カラオケも好きということが判明していますが、実はこれが大きな術式のヒントなのかもしれません。

先程の時間が掛かる、、、ということ掛け合わせると、、、

和歌を作って読み上げて術式を発動させる

といったような術式なのではないでしょうか。

となれば、三輪のときも万が一を考えて逃げの詩、術式を使ったのかもしれません。

更に西宮の「先生が前に出ちゃ意味ないでしょ」ということばから、明らかな裏方、サポートメンバーのように見えます。

このことから、庵歌姫の術式は詩を読み上げることで術式を発動し、能力や耐性の向上・或いは逃走のサポートといったものに適した術式なのかもしれません。

あまり戦闘って感じじゃないから、余計に五条悟にいじられているのかもしれませんね笑

そういえば、ハンターハンターでそういう念能力持ったおじさんがいたなぁ、、、、

庵歌姫の術式を上げるのは「服装」が縛り?

歌姫

庵歌姫の術式は「和歌」といった詩の類である可能性が高そうです。

ここでもう一つ気になったのは歌姫の「服装」です。

五条悟やその他の呪術師の制服とは違い、一人だけ着物を来ています。

これにも、もしかしたら理由があるかもしれません。

庵歌姫の着物と普段着が違いすぎ。でも私服超可愛い

歌姫についてですが、実は普段着はめっっちゃカジュアルでオシャレなんですよね。

このギャップがたまらないといった、ファンからも大絶賛。

歌姫

こんなにカジュアルな着こなしをしちゃう歌姫が、制服でなくわざわざ着物を着る理由、、、

それはやはり術式の効果を上げる縛りなのではないでしょうか。

着物って、戦闘においてはあきらかに動きにくそうですもんね。

「和歌」を読みといった術式であれば、見た目や状況をとことん整えることによって術式効果が上がる、とか。

もしかしたら、歌姫は戦闘時においても裏方のほうで、着物で、正座して、和歌を読み上げているかもしれません。

庵歌姫の術式は裏方でサポートタイプ?「詩」を術式にして戦うタイプ

今回は庵歌姫の術式について見ていきました!

庵歌姫は現段階では披露されておらず正確にはわかっておりません。

しかし、渋谷事変での西宮から発言、それから歌姫の服装等をみてみると

庵歌姫の術式
・術式の発動に時間が掛かる
・能力強化等裏方でのサポートが得意
・和歌といった「詩」に関係する術式か
・服装含め環境を整えると術式の力が上がる

と、こんな術式である可能性が高そうです。

また完璧な不意打ちとなる敵の攻撃もかわしたところから身体能力も普通に高いと言えそうです。

今後の歌姫の活躍、ぜひ見ていきたいですね!

甚爾 “呪術廻戦”伏黒恵の父は甚爾で名付け親!本当は最後まで恵を気にかけていた? 伏黒 “呪術廻戦”伏黒を宿儺(すくな)が狙う理由は復活?禅院家相伝の十種影法術が鍵? 伏黒恵 “呪術廻戦”伏黒恵の領域展開は何話何巻?嵌合暗翳庭が最強の可能性がある 夏油傑 “呪術廻戦”夏油傑の目的は平和!闇落ちした理由が悲しいが手段がやばすぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です