“進撃の巨人”ジークは現在”座標”で砂いじり?計画失敗でふてくされ【エレンの操り人形】

ジーク

ジークはエルディア人で獣の巨人を引き継いでおり、マーレの戦士として戦っておりました。

パラディ島で調査兵団と戦っていたこともあり、エレン達からしたら完璧に敵の認識、、、。

事実、ジークは始祖の巨人奪還作戦の指揮も撮っていました。

マーレは始祖の巨人を手中に入れ、より強国にしようと企んでいました。

しかし、ジークは始祖の巨人奪還を狙ってはいるものの、裏ではエルディア人の救済を狙っておりました。

マーレを強国にするつもりなんてサラサラなかったわけです。

そしてエレンと協力していよいよ始祖の巨人・始祖ユミルと接触をしましたが、、、

その後、ジークはどうなったんでしょうか?

今回はジークのその後についてみていきましょう!

ジークは現在どうなった?始祖に巨人エレンに取り込まれている?

エレンが地ならしを発動させたことによりジークが取り込まれている説がでてきております。

まずはこの説について見ていこうと思います!

ジークはエレンの中に取り込まれている可能性が高い

地ならし

ジークが最後に登場したのはエレンの飛んだ頭をキャッチした時、が最後でした。

以降は”座標”の中でのみ登場してきますが、現実世界では登場してきません。

しかも座標の中でもユミルを止めるために駆け寄ってきたところが最後という、、、。

ジークは始祖エレンに取り込まれている説がかなり濃厚のようです。

エレンはジークの”王家の血”を利用

エレンがジークを取り込んだと思われる理由ですが、これは始祖の力を行使するため、だからではないでしょうか。

エレンは始祖の巨人こそ有していますが、王家の血を引いておりません。

しかし、始祖の巨人を完全に支配するには王家の血が必要、、、。

始祖の巨人と始祖ユミルとの媒体として王家の血を引くジークを利用している可能性がかなり高いです。

そして、座標の中で始祖ユミルの開放に成功したエレン。

もしかしたら地ならしの発動においてはジークの王家の血が必要分可決なのかもしれませんね。

エレンが”獣の巨人”を作った!やっぱりジークは取り込まれている

ジーク

地ならしを止めるために航空部隊を編成しエレンを討とうとしましたが、即座に撃退。

その浮いている飛行船への撃退方法というのが、、、なんと、獣の巨人を作り出しての投石(石ってか骨?)を仕掛けます。

ジークはエレンの操り人形になっている?

エレンが”獣の巨人”を作り出すという相当ぶっとんだ事態へ発展。

始祖の巨人の力を手に入れて巨人を操る力があることは判っていましたが、、まさか自分の身体のそばで生成して操ってしまうとは、、、。

しかもエレンを止めに来た飛空艇部隊を投石(骨?)で一網打尽にしてしまいます。

しかし、ジークといえば安楽死計画を遂行しようとしたくらいですから、地ならしを止めたい側ですよね。

それなのに、飛空艇部隊をあっという間に撃退させてしまったのって、ちょっとおかしい気がします。

やはりジークはエレンに取り込まれており、かつ操られているのは間違いないようです。

つまり、このジークは獣の巨人ではあるものの、そこにジークの意思は反映されていない、、、、ということに。

エレンが作ったのは”獣の巨人”の人形で、その他の巨人も生成可能だった!

獣の巨人

エレンが”獣の巨人”を作ったという衝撃展開がありましたが、そもそも果たしてここにジークは存在しているんでしょうか?

色味もちょっと違ってるようですし、なんだか獣の巨人の”人形”のように見えます。

もしかしたら、エレンは9つの巨人ですら自在に生成することができるのではないでしょうか?

取り込んでいない巨人までも生成できるとしたら、、、脅威ですよね。

実はこの獣の巨人は人形となっており、更に歴代の9つの巨人をも作り出すことができます。

その中にはジークどころか、ユミルやベルトルト、ポルコまでも登場します、、、!

始祖の巨人の能力は本当に絶望的ですね。

ジークは”座標”で囚われて砂いじりしていた

アルミン

エレンはエレンを倒すことのできるアルミンをオカピ?の巨人で捕まえてしまいました。

その中でアルミンは意識を失いますが、アルミンは気がついたら座標に。

そこで出会ったのが砂いじりしていたジークでした。

ジークってば、座標でめっちゃでかい山作ってたんだよね

ちなみに、アルミンを食べて攫ったオカピ?巨人についてはこちらに詳しく書いてあります!

ジークも”希望”に掛けることを決意

ジークは地ならしの阻止に失敗、自分の安楽死計画を諦め、そして全てを諦めて砂で山を作っていた模様。

話しかけたアルミンに対して、人間は生命を増やすためだけに生きているだの

グチグチグチグチグチグチグチグチグチグチグチグチグチグチグチグチグチグチ言ってガチでふてくされていました。

しかし、アルミンはジークに対して

「生命は増えるために生きているんじゃない、意味がなくても大切なものがある」

と、訴えかけます。

アルミンはエレンとのやりとりや幼いときが本当に大切だったわけです、、、アルミンにはその思い出を否定することができません。

が、これを聞いたジークは獣の巨人の前任であるクサヴァーさんとのキャッチボールを思い出します。

ジークにとって人生を救われたキャッチボール、、、これが種の反映に関係のない大切なものだと気づいたジークは”希望”を胸に決意をします。

その決意とは”地ならし”を止めること。

ついにジークとリヴァイの戦いに決着

ジークはアルミンの説得の末地ならしを止める覚悟をします。

しかし、それはジークの生命を掛けることを意味していました。

ジークは人類の意味ある未来のため自ら宿敵リヴァイの前に姿を表します。

その姿を見たリヴァイ、容赦なく即座に首を落としに掛かります。

そしてリヴァイがジークの首を撥ねたその時、、、
 
 
地ならしは停止。
 
 
地ならしを止めた調査兵団は英雄となりましたが、ジークもまた英雄の一人ですよね。

ジークはエレンに取り込まれていた

今回はジークの現在について書いていきました!

ジークはエレンに連れて行かれている可能性が高く、王家の血を引いているため始祖の巨人とユミルを繋げる媒体として使われているようです。

それだけではなく、エレンはジークを人形のように作成し操ることもしております。

ジーク本人は安楽死計画を失敗し”座標”で砂いじりをしてふてくされていました。

その後はアルミンの説得を受けてジークは地ならしを止めることを決意。

自らの生命を使い、地ならし止める英雄の一人となりました。