【チェンソーマン】マキマの裏切りは予定通りで実は黒幕だった!全ての悪魔を従えデンジを襲う展開へ

マキマ

チェンソーマンに圧倒的ミステリアスヒロインことマキマ。

マキマといえば内閣官房長官直属のデビルハンターでデンジも大好きな超美人さんですよね。

そんなマキマにデンジは随分面倒を見てもらってよくしてもらっていましたが、、、、物語後半ではデンジに対して、仲間に対して怒涛の裏切りを見せることになります。

やっぱり、きれいなお姉さんには棘があるもんですねぇ、、、、

というか、どうして急に裏切りをしてきたんでしょうかね。

裏切りどころか、マキマが実は黒幕なのでは?という可能性も出てきました。

今回はマキマの裏切りの理由や黒幕説について見ていこうと思います!

マキマは内閣官房長官直属のデビルハンター

マキマ

マキマは内閣官房長官直属のデビルハンターであり、その強さや実績は組織の中でトップクラスと言えます。

重要な任務から上官がやるような庶務雑務まで、様々こなしていきます。

かと思えば悪魔が出たら第一戦で闘うことだってあります。

ゾンビの悪魔が出たとの情報を元にゾンビの悪魔の元へたどり着いたとき、チェンソーマンと化したデンジと出会います。

デンジが悪魔ではなく人間であることも”匂い”で判別

マキマ

マキマはデンジがゾンビの悪魔と戦った現場で初めて合うのですが、、、その現場がかなりヤバいものでした。

A級ホラー映画さながらのゾンビが大量に切り刻まれている現場に顔面がチェンソーの化け物が立っていたわけですから。

普通だったら恐怖で卒倒していてもおかしくありません。

しかし、デンジとあったマキマは至って平常心、むしろ会話しようと声を掛けてきました。

そしてマキマはデンジが人間であることを”匂い”で嗅ぎ分け、倒れるデンジを抱きとめることに。

その後マキマはチェンソーマンであるデンジをデビルハンターとして迎え入れ、色々世話を焼くことになります。

デンジからしたらこれまでの大変だった生活が一変し、思い描いていた生活が手に入り、更に超絶美人に抱きとめられる、、、。

てか、こんな展開になったらそらぁ、マキマのこと大好きになってしまいますよね笑

マキマが突然裏切りへ

マキマ

デンジの世話を焼いており、またデビルハンターとして活動していたマキマが、なんと物語の後半でまさかの裏切ることに。

その裏切りがあまりにも突然で、読んでいても思考回路が停止していて、、、、

ファ????

って、なってました。

マキマが裏切った理由、、、、それはマキマの正体と目的に関係がありました。

裏切りの理由はマキマの”正体”と”目的”に関係あり

マキマ

マキマは内閣官房長官直属のデビルハンターではあるものの、実はその正体は”支配の悪魔”です。

「自分よりも程度が下である」と思われた相手は無情にもマキマに支配されることになります。

またマキマは多くの能力を持っている上に、基本どんな攻撃も通用しない。

つまり不死身です。

そんなマキマが持っていた目的は「よりよい世界」を作るというもの。

その為にはデンジの中にいるチェンソーの悪魔を最大限引き出す必要があり、デンジを極限まで追い詰める行為に出ます。

ちなみにマキマの能力や目的などについては別記事でまとめていますので、よければそちらも御覧ください(^^)

マキマは仲間や過去の悪魔達をも従える

マキマ

マキマは”支配の悪魔”の能力により「自分より程度が下である」と思った相手は操ることができますが、なんと従えているものの能力も自由自在に操ることができます。

マキマ自身の強烈な能力に加え、従えているものの能力、更に能力による強力な武器生成など、やりたい放題です。

そしてやりたい放題される相手は、、、、デンジでした。

実は黒幕、全てを引き連れてマキマはデンジを襲う

マキマ

マキマはデンジの中のチェンソーマンを最大限引き出すためデンジを極限まで追い込むのですが、過去の悪魔や仲間達全てを刺客としてデンジへ送り出します。

もちろん、そこにはマキマも。

最終的にはチェンソーマンの心臓を抜き取り奪う様子から見ても、デンジ自身にはさほど勝ちをおいていなそうにも見えます。

デンジはチェンソーの悪魔のタダの器だったということだったんですね。

マキマは第一話でデンジと出会ったものの、実は最初からデンジの中のチェンソーの悪魔を狙う、最強の黒幕でした。

結果的にデンジからは裏切るように見えたわけですけど、マキマからしたら最初から裏切るつもりだったんですね。

道理で、いろんな悪魔や公安がマキマを警戒し、生命を狙っていたわけです。

マキマは黒幕で最初から裏切る予定だった

今回はマキマの裏切り、そして黒幕説について見ていきました!

マキマは内閣官房長官直属のデビルハンターとして悪魔を倒して回っていた本作の超絶美人ミステリアスヒロインですが、実はその正体は”支配の悪魔”という最強の敵でした。

マキマはチェンソーマンの力を最大限引き出すためデンジを徹底的に追い込むことに。

そしてチェンソーマンの力を手に入れてマキマの思う「よりよい世界」を作ろうとしていました。

マキマは最初からデンジがチェンソーの悪魔を宿していると知っていたため、最初から裏切るつもりでいたのでしょう。

きれいなバラには棘がある、、、どころじゃありませんでしたね、デンジが死ぬほど追い込まれていったのはかわいそうだったなぁ、、、。

と、以上がマキマの裏切りや黒幕説についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です