【チェンソーマン】マキマは悪魔?悪役どころかラスボスになるヒロインだった

マキマ

チェンソーマンのミステリアス系超絶美人ヒロインであるマキマ。

ヒロインではあるものの、あまりの謎な言動に

マキマって悪魔なんじゃないの?

という疑惑がでております。

更にはあまりの悪役っぷりに

いや、これ絶対黒幕だろ!

という意見まで出てくる、これまでのヒロインの常識を大きく覆す自体となる可能性がでております。

今回は

マキマの気になる点
・マキマって悪魔なの?
・マキマが悪役を演じてる理由って?
・マキマって黒幕なの?

この3つについて見ていこうと思います!

チェンソーマンに出てくるマキマとは?

マキマ

チェンソーマンに登場するマキマとは内閣官房長官直属のデビルハンターとして活動しており、組織を束ねる上官でもあります。

しかしマキマ自身も前線に赴き、悪魔を直接倒すこともあり、めっっちゃ忙しい人です。

性格は冷静沈着ですが、周囲をよく見ているといった感じで、部下や仲間からの信頼はかなり厚いようです。

人望がある、というのも言えますが、その容姿淡麗さからマキマのことが好きな”マキマファン”も多くいます。

マキマはデンジが初恋をしている女性

マキマ

チェンソーマンに登場する本作の主人公デンジですが、成り行きでチェンソーの悪魔と出会い、さらにチェンソーマンとして悪魔と闘う力を得ることに。

デンジはチェンソーマンになった後にマキマと出会い、速攻でマキマのことを好きになりますw

マキマも結構思わせぶりで、あたかもデンジの気を引くような発言だったり、デートに誘ったり、身体を触らせたりもしてくるんですよね。

そりゃあデンジ、一撃ですわ、、、。

デンジがマキマのために一生懸命仕事をする犬となる姿は容易に想像つきます、、、w

マキマには登場初期から謎がいっぱい

マキマ

ミステリアス系美人ヒロインの人望もある超有名人材であるマキマですが、物語が進むにつれて謎な部分も沢山でてきます。

マキマが使う能力や契約している悪魔・更には不死である点と、あきらかに特別な設定が盛り込まれています。

そして今回の議題である

マキマの気になる点
・マキマって悪魔なの?
・マキマが悪役を演じてる理由って?
・マキマって黒幕なの?

の3点の疑惑について、見ていこうと思います!

マキマって悪魔なの?

マキマ

チェンソーマンにおけるミステリアス系ヒロインのマキマですが、、、、

はい、実は悪魔です。

その名も”支配の悪魔”、自分より位が下だと思うものを支配することができます。

この能力は強力で、作中殆どの人物がマキマの支配下になってしまいます。

またマキマが持つ能力については別記事でもまとめていますので、良ければ見ていってくださいね(^^)

マキマが悪役を演じている理由は?

マキマ

マキマは作中でかなりの悪役を演じるのですが、その理由はデンジを精神的に再起不能にさせ、チェンソーマンを復活させるためです。

マキマはデンジの中に眠るチェンソーマンを引き出そうと、主人格であるデンジの精神を破壊しにかかります。
 
 
 
デンジに仕事を与え
デンジに家族を与え
デンジに幸せを与える
 
  
そしてマキマはデンジに与えた全てのものを破壊し、デンジに絶望を与えます。

そのためにアキやパワーを始めとしなにもかもを破壊していく様はまさに超絶悪役でした。

ミステリアス系ってか、ガチな感じだったんですね、、、。

マキマは黒幕なのか

マキマ

主人公のデンジにことチェンソーマンは度々いろんな強敵から心臓を狙われる展開となりますが、、、

真の黒幕はマキマと言っても過言ではありません。

黒幕ってか、正確にはラスボスといったほうが正しいです。

じつは第一話でポチタが死にかけで登場していましたが、ポチタを瀕死まで追い込んだのはマキマです。

マキマはチェンソーマンと戦い追い詰めることに成功していますが、その後チェンソーマンは姿を消したという。

どんなにチェンソーマンを探しても見つからなかったのは人間の形から可愛いワンちゃんみたいな姿に変わっていたから。

そしてゾンビの悪魔討伐時にマキマは再びチェンソーマンを見つけます。

この時チェンソーマンに抱きついたマキマは”やっと見つけた”という感情があったのかもしれませんね。

そこからデンジに対しての全ての行動はチェンソーマンの主人格であるデンジの精神を破壊するためにとったもの。

あ、なんかやっぱり黒幕って言葉もピッタリなのかもしれない、、、、w

マキマは悪魔でデンジの精神を破壊した黒幕だった

と、ここまでがマキマについてでしたが、いかがだったでしょうか。

マキマは内閣官房長官直属のデビルハンターでありながら、実はマキマ自身も”支配の悪魔”だったんです。

マキマはデンジに大事なものを次々と破壊する悪役を演じていましたが、これはガチでマキマの計画。

デンジの中からチェンソーマンを引っ張り出す計画で、デンジに起きた全ての出来事はマキマが描いたシナリオでした。

もはや実質マキマが黒幕といって過言ではなく、実際にラスボスとしてデンジの前の立ち塞がります。

ミステリアス系超絶美人ヒロインがマジでラスボスだったって、結構衝撃的ですよね。

この展開を知った時は本当に驚いたし、名作に出会った感がすごかったです、、、。

いい漫画読んだわぁ、、、(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です