【チェンソーマン】ポチタの正体は”地獄のヒーロー”?マキマに狙われた能力とは

ポチタ

チェンソーマンにおける最重要マスコット悪魔キャラクター、ポチタ。

デンジの心臓となったポチタを巡り多くの的に襲われる展開になっていくのですが、、、

こんなにまで狙われるポチタの正体って、一体なんなのでしょうか?

あんな可愛いチェンソーワンちゃんをただほしがってる、、、なんてことないよなぁ

ポチタが狙われるってのは、やっぱり理由があるんだろうね

世界の強敵が求めるデンジの心臓となったマスコットワンちゃん悪魔のポチタ、、、

今日はポチタの正体について見ていこうと思います!

ポチタとは”チェンソーの悪魔”

ポチタ

ポチタはデンジが第一話で出会った”チェンソーの悪魔”であり、出会った時は怪我をしていて瀕死の状態でした。

チェンソーの悪魔とはいうものの、頭にチェンソーがぶっ刺さった可愛らしいワンちゃんのような見た目をしております。

そんな可愛らしい見た目からか、実はかなり人気のマスコットキャラになってたりしています。

確かに、ポチタはかわいいですよね♫

俺も明日から額にチェンソーぶっ刺そうかな、、、
いや、やめとけよ、、、、

瀕死のところをデンジ助けられる

ポチタ

ポチタは登場していきなりピンチを迎えていました。

瀕死の状態でデンジと出会い、デンジの血を飲むことで復活します。

以降はデンジと共同してデビルハンターとして悪魔を狩ったり、木こりのように気を切ったりして生活していました。

ちなみに、木を切るときにつかっている道具はもちろんポチタです、、、w

デンジはポチタと一緒に暮らし、夜も抱っこして寝るくらい仲良し。

あ〜だからか、バカでかいポチタのぬいぐるみが売ってるのはw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全2種セット チェンソーマン ポチタ BIGぬいぐるみ
価格:10100円(税込、送料別) (2021/9/21時点)

チェンソーの悪魔であるポチタの正体って?

デンジ

かわいいかわいいチェンソーの悪魔ポチタですが、デンジの心臓になった途端にいろんな悪魔から狙われるようになってしまいます。

ポチタはチェンソーの悪魔ではあるものの、これを見るに”ただの悪魔”って感じじゃないのはなんとなく伝わってきますよね。

これは明らかにポチタの正体が関係している、、と、思われます!

ポチタは”地獄のヒーローチェンソーマン”

チェンソーマン

ポチタの気になる正体についてですが、、、

実はあんなに可愛い姿をしているものの、本来の姿は全ッッッ然違うんです!

なんと、ポチタの正体は超絶ゴツいチェンソー人間であることがわかっています。

それも、強さについても他の悪魔に追随を許さないような強烈な戦闘力を持っています。

ポチタは瀕死の状態でデンジと出会っていましたが、実は瀕死になっていた理由は、とある敵と戦っていたから。

その敵とはマキマ・武器人間・4人の騎士。

チェンソーマンはこの戦いで瀕死の重傷を負い、姿をくらませた後に見た目をポチタへと変えなんとか生き延びていました。

そしてこの時に出会い救ってくれたのがデンジだったんですよね。

ポチタが瀕死になっていたの理由は恐れられていたから?

ポチタ

ポチタがマキマに襲われ瀕死となっていましたが、そもそもどうして襲われたのか?という話です。

それはポチタことチェンソーマンは物凄い力を持った”地獄のヒーロー”で、助けを求められたら相手を殺し、ついでに助けを求めた相手も殺してしまうという、全然意味あわからないめちゃくちゃな存在。

だからチェンソーマンは恐れられ、みんなから狙われるということ。

しかし、マキマがチェンソーマンを狙うのにはもう一つ明確な理由がありました。

それはチェンソーマンがもつ”能力”。

このチェンソーマンの能力を支配し、行使しようとしていたんです。

ポチタが有する能力が実はヤバい

ポチタ

マキマが狙うポチタことチェンソーマンのやばい能力、、、

その能力とは悪魔をなにもかもを”完全消滅”させることができるからです。

マキマはこの”完全消滅”させる能力を欲し、また輪廻転生をして本当の意味で死ぬことのない悪魔達はチェンソーマンを恐れていました。

その”完全消滅”の方法はと言うと、”食べること”です。

食べることで相手の存在・病気・事象・戦争、あらゆるものをこの世から記憶も含めて消し去ることができるんです。

マキマはこの能力を手に入れ”より良い世界”を実現する目的のもと、チェンソーマンを襲っていたんです。

ポチタの正体はゴリマッチョチェンソーマンであらゆるものを消滅させる力を持つ

と、ここまでポチタの正体についてでしたが、いかがだったでしょうか。

ポチタは頭にチェンソーが刺さった可愛いワンちゃんスタイルで倒叙するものの、本来はゴリマッチョの両手チェンソーの超人でした。

マキマと武器人間・4人の騎士に追い詰められ瀕死となったところワンちゃんスタイルに姿を変え生き延び、そしてデンジを出会います。

チェンソーマンは”地獄のヒーロー”と呼ばれ戦闘力がぶっ飛んでおり、助けを求められた側も求めた側も両方殺してしまうという、行動までぶっ飛んだ存在。

そのため、多くの悪魔から狙われていたんだとか。

しかし、マキマはそれとは別にチェンソーマンの”能力”を手に入れようとしていました。

チェンソーマンは食べた相手の存在を消すことができます。

それが例え病気・事象・戦争、死であっても。

マキマはチェンソーマンの能力を狙い”より良い世界”という理想の世界を作ろうとしていました。

こんなに凄い能力を持っているチェンソーマン、、、かなり貴重な存在で優遇されているということがよくわかります。

以上がチェンソーマンことポチタの正体についてでした!

最後までをお読みいただきありがとうございました!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です