【鬼滅の刃】我妻善逸は作中最強?”雷の呼吸”の素質があり同期の中では頭一つ抜けている

善逸

鬼滅の刃では鬼が人間を襲い、呼吸と呼ばれる流派のある剣技を扱う隊士達がそれを討伐しています。

鬼は非常に強い力を持ち、優れた再生力を持っています。

普通の人間ではまず勝ち目はなく、、、鬼殺隊の隊士ですら必ず勝てるというわけでもありません。

そんな鬼達を倒す鬼殺隊の隊士にはランクがありますが、、、主人公と同じくして鬼殺隊に入隊した”我妻善逸”。

ランクは一番下ですが、我妻善逸が最強なんじゃないか?とまで言われています。

今回は善逸最強説について、見ていこうと思います!

我妻善逸とはどのような隊士?

善逸

我妻善逸とはどのような隊士なのでしょうか。

元鳴柱である桑島慈悟郎さんに助けてもらい、以降は弟子として剣術を学んでいました。

助けてもらったというのも女に騙されて借金をし、やばくなったところを助けてもらったという、鬼滅の刃でありながら全く鬼に関係ないところで、です笑

その善逸ですが、そのキャラクターもかなりパンチがあります。

善逸の性格は超絶ヘタレ!泣き虫で女好きでめっちゃ弱そう

善逸

我妻善逸ですが、半ば強引に?雷の呼吸の修行をし始め、どうやら才能があるらしいです、、、

しかし、性格に難があり、かなりの弱虫でヘタレキャラです。

更に逃げ腰で、女の子が大好きという、、、、全然役に立たないじゃん!といったキャラでもあります。

ただ、実は善逸はある条件下では強烈な強さを発揮することがわかりました。

善逸の真の実力を発揮!目にも留まらぬ神速の剣技

善逸

泣き虫、ヘタレ、女好き、逃げ腰マックスの善逸ですが、普段は震えに震えて戦いどころではありません。

しかし恐怖が限界に達すると善逸は失神、もしくは睡眠い陥ります。

そうなると身体の強張りが取れ、本来のチカラを発揮することができます。

善逸が扱う剣技は「雷の呼吸」で、その技は目にも留まらぬ神速の剣技です。

同期である炭治郎、伊之助と比べると圧倒的な戦闘力を持ち合わせています。

惜しいところといえば、、、自分でその最強の剣技をコントロールしきれない、ということですね笑

雷の呼吸は最強?その上使い手も少ない

善逸

雷の呼吸の歴史は古く、火や水の型と同様に昔から使い手がいた基本的な剣技ということです。

派生技もあるようで、「音の呼吸」は「雷の呼吸」からの派生ということもわかっています。

善逸以外では使い手が登場していないという点を見ると、、、現在はその使い手も多くはないのかもしれませんね。

しかし、雷の呼吸だから強い!というわけではなく、善逸だから強いのです。

善逸が最強の理由は雷の呼吸を極めることのできる素質

善逸は雷の呼吸を使うことができますが、壱の型である「霹靂一閃」しか使うことができません。

雷の呼吸は全部で6つの型があり、壱の型は全ての型の基礎となっています。

善逸は「霹靂一閃」しか使用できませんが、この基礎となる壱の型を善逸は極めることに全力を注ぎます。

のちに

「霹靂一閃 六連」「霹靂一閃 八連」と技の練度を上げていき、終いには超速の「霹靂一閃」を超える「霹靂一閃 神速」を使うことに。

更に、速度を極めた善逸は雷の呼吸の新たな型である7の型「炎雷神(ほのいかずちのかみ)」を編み出します。

善逸

上弦の鬼すら見ることが叶わず首を切られ、最終決戦時の鬼舞辻無惨にも通用した大業を編みだすことに成功しました。

善逸には本当に素質があった、、、ということですね、見破った育手のじいちゃんは凄い人です。

善逸は最強!理由は雷の呼吸の素質

今回は我妻善逸が最強!ということについて見ていきました。

善逸はヘタレで、泣き虫で、女好きで、弱腰で、弱虫です。

そんな善逸ですが、雷の呼吸を使いだすと手がつけられません、、、!

基本となる壱の型しか使えませんが、壱の型を極め「霹靂一閃」の派生技を生み出します。

終いには雷の呼吸の新たな型「炎雷神」を編み出し、上弦の鬼を瞬殺、鬼舞辻無惨とも応戦していました。

善逸 【鬼滅の刃】我妻善逸が青い彼岸花を発見?死後の世界にしか存在しない可能性が 善逸 【鬼滅の刃】我妻善逸が覚醒!キッカケは手紙?覚醒後の変化や編み出した技について 善逸 【鬼滅の刃】我妻善逸に痣は出るの?具体的は発現方法や善逸には難易度が高い事情についても 炭治郎 【鬼滅の刃】竈門炭治郎の使っていた刀一覧!新しい刀は最強の剣士が使っていたもの? 炭十郎 【鬼滅の刃】炭治郎の父の正体は鬼殺隊”柱”?炭十郎の強さの秘密は”呼吸”と”ヒノカミ神楽” 炭治郎 【鬼滅の刃】竈門炭治郎が鬼化で最強の敵へ?太陽を秒で克服できたのは”日の呼吸”が理由か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です