【鬼滅の刃】栗花落カナヲに痣は発現する?最終決戦にも前線で活躍したカナヲの力とは

栗花落カナヲ

鬼滅の刃の同期であり、実はヒロインである栗花落カナヲ。

ミニスカブーツという大正時代らしからぬ服装のかわいい鬼殺隊の女の子ですが、その実力はかなりのもの。

最終決戦にも挑んでおりますし上弦の弐である童磨にも戦いを挑んでいます。

なんと、いずれも勝利を収めていますが、、、、気になるのは痣の発現です。

上弦の鬼なんて普通に痣が出てないと勝てない相手ばかりです。

今回はカナヲに痣が発現したのかどうか、見ていこうと思います!

栗花落カナヲが最終決戦に参加!

カナヲ

カナヲは主人公である炭治郎と同期の鬼殺隊ですが、行動は殆ど一緒にはしていませんでした。

胡蝶しのぶの継子として、胡蝶しのぶの屋敷を拠点として任務にあたっています。

女の子ながらに実力も相当なもので、無限城での戦い、それから鬼舞辻無惨との戦いにも参加しています。

一介の剣士がここまで戦えるのは、、、やっぱり痣が出るからでしょうか>?

童磨と対等に交戦!栗花落カナヲにも痣が発現か?

無限城と鬼舞辻無惨との戦いに参加したカナヲはどちらも勝利を収めています。

無限城での戦いに至っては上弦の鬼、弐の童磨を伊之助と二人で破っています、相当な実力です。

この戦績を見るとカナヲに痣が出ていると思われてもおかしくありませんが、、、

栗花落カナヲには痣は発現していない

栗花落カナヲ

実際に戦いに参加し勝利を収めていますが、カナヲには痣の発現をしていません。

痣なくして上弦の弐の鬼を前線で倒し、更には鬼舞辻無惨戦でも助太刀し生き残っています。

普通の鬼殺隊であればバスバスやられてしまうものの、、、カナヲはやはり強いですね!

栗花落カナヲが強い理由!特別な”目”がある

栗花落カナヲ

カナヲは痣もなく、上弦の鬼や鬼舞辻無惨との戦いに挑んでいました。

その中で生き残ってこれた理由、、、それはカナヲの特別な”目”があることが理由でした。

花の呼吸の最終奥義は”痣”発現に匹敵か

カナヲは非常に優れた目を持っており、ずば抜けた洞察力を持っています。

相手の動きをよく見て、動きを予測、その上で攻撃、回避をしております。

言い換えるなら「未来予知」に近いものがあるのではないでしょうか。

更に、その優れた目を持つカナヲが花の呼吸の最終奥義を使うと痣が出た時に近い実力が出せているように見えます。

カナヲの呼吸や最終奥義については別記事で紹介しよとおもいます!

カナヲの目は後天的な能力!悲しい過去の産物だった

栗花落カナヲ

カナヲは痣こそ発現できなかったものの、優れた洞察力を持ち、優位に戦いを進めていました。

しかし、生まれつき洞察力が高かったわけではなく、後天的に身に付けた能力でした。

カナヲは産まれてか父親と思われる男性に極めて酷い虐待を受けていました。

一緒にいた兄弟も虐待を受け、、、当たりどころが悪く亡くなってしまってた兄弟もいたとか。

カナヲも暴力を受けていましたが、よく見て致命打にならないために躱していた折、身についたのが目の良さ、洞察力でした。

今となっては戦いに役には立っているものの、あまり喜べない背景ですよね。

栗花落カナヲは痣を発現していないが洞察力による未来予知が強すぎる

今回は栗花落カナヲの痣について見ていきました!

カナヲは炭治郎の同期でミニスカブーツのかわいい鬼殺隊で、実力もかなり強くかつては炭治郎に踵落としを入れて失神させてました。(顎も割れてたらしい)

そんなカナヲは最終決戦にも参加、上弦の弐を破り、鬼舞辻無惨との戦いでも生き残っています。

通常の鬼殺隊では全く歯が経たないと思いますが、カナヲは痣を出すことなく最後まで前線で戦っていました。

その秘密は超優れた目を持ち、異常なまでの洞察力があるからです。

相手の動きをみて予測する、、、もはや未来予知に近い能力です。

しかし、カナヲには幸せに暮らしてほしいので、、、痣がでなくてよかったという安心感もあったりします。

炭治郎 【鬼滅の刃】竈門炭治郎の耳飾りの意味は?継承する理由や紋様が花札のような柄なのは? 炭治郎 【鬼滅の刃】竈門炭治郎の使っていた刀一覧!新しい刀は最強の剣士が使っていたもの? 善逸 【鬼滅の刃】我妻善逸の雷の呼吸の型を全チェック!新たに技を編み出した背景についても 炭治郎 【鬼滅の刃】竈門炭治郎が鬼化で最強の敵へ?太陽を秒で克服できたのは”日の呼吸”が理由か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です