【鬼滅の刃】胡蝶しのぶの最後が悲しい!全ては打倒童磨の作戦に含まれていた”復活もなし”

胡蝶しのぶ

鬼滅の刃の胡蝶しのぶといえば、鬼殺隊の最高位である柱の一人で、超絶美女、そしてサイコパスでとても人気のあるキャラクターですよね。

そんな胡蝶しのぶは戦い方も毒を使うということで鬼殺隊の中ではかなり特殊な存在。

毒で数多くの鬼を倒してきてはいるものの、、、上弦の鬼、または鬼舞辻無惨には通用しない可能性も。

作中のキャラが次々と容赦なくやられる世界で、果たして胡蝶しのぶはどのような最後を迎えるのか、、、

今回は胡蝶しのぶの最後について見ていこうと思います!

胡蝶しのぶは鬼殺隊最強の剣士の一人「蟲柱」

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶは鬼殺隊と呼ばれる鬼を狩る部隊に所属しており、その最高位である「柱」として活動しています。

剣術は「虫の呼吸」を使い、そのため「蟲柱」として鬼殺隊を引っ張る存在。

しのぶは鬼に姉を殺害され大変怒っており、しかしおその怒りを隠し普段はニコニコしまくり。

ただし鬼と戦うときには淡々と怒りをぶつけるかのように笑顔で詰めている様子は「サイコパス」と呼ばれています。

ただ、それを含めて胡蝶しのぶは人気のあるキャラクターであることは間違いありません。

なにより、とてつもなく可愛いというのがポイントですよね。

一部の世の男性はしのぶに詰められたいと思う人もいるのではないでしょうか

胡蝶しのぶは鬼殺隊の中で唯一鬼の首を切れない剣士

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶは鬼を狩る鬼殺隊の中でもかなり特異な存在で、なんと貧弱すぎて鬼の首が切れません。

鬼を倒す方法は首を切るか太陽光に当てるのがセオリーですが、胡蝶しのぶは第三の方法で鬼を倒すことができます。

それが自らが研究の末に藤の花を元に作られた「毒」です。

胡蝶しのぶは鬼を倒す毒を藤の花から創り出してしまった超天才。

そしてその毒を用いて独自の「虫の呼吸」を使い、鬼を狩り、鬼殺隊最高位である「柱」まで上り詰めてしまいました。

胡蝶しのぶは鬼舞辻無惨との最終決戦に参加

胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶは柱として打倒鬼舞辻無惨を掲げており、当然最終決戦にも参加をします。

最終決戦は鬼殺隊が全員鬼舞辻無惨の根城である無限城へ落とされたところからスタート。

中は鬼の巣窟となっており、更には上弦の鬼たちも待ち構えておりました。

無限城で姉の仇である上弦の弐・童磨と遭遇、そして、、、

胡蝶しのぶ

最終決戦である無限城に落とされたしのぶは速攻で上弦の弐・童磨と遭遇します。

童磨は姉の胡蝶かなえの仇であり、しのぶとしてはなんとしてでも打ち倒したい鬼です。

しかし、童磨との開戦直後から全く毒が通用せず、分の悪い戦いに。

果にはしのぶは童磨に身体の骨を折られ絶命、、、、最後には童磨に吸収されてしまい、跡形も残りませんでした。

しかし、ここまでが胡蝶しのぶの作戦であり、毒が効かないことを考慮し、自らを藤の花の毒の塊と化していたのです。

毒の塊である胡蝶しのぶを吸収し身体が崩れる童磨、そして最後にトドメを刺したのは継子であるカナヲでした。

当時から「あっけなくやられすぎるなぁ、、」とは思っていたものの、まさか自分を犠牲にするのがプランだなんて思ってもいませんでした。

凄い可愛いし、人気もあるからきっと追々復活するんだろうなぁ、と思っていただけに、あまりにも衝撃的な展開でした。

鬼舞辻無惨との最終決戦で生き残れなかった胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶ

鬼舞辻無惨との最終決戦で、作戦だったとは言え上弦の弐・童磨によって倒され最後を迎えた胡蝶しのぶ。

しかし、最終話にて胡蝶しのぶの転生者の存在が、、、!

最終話で胡蝶しのぶが転生!姉と幸せそうに暮らしていた

胡蝶しのぶ

最終話ではときが流れ現代へと舞台は移ります。

胡蝶しのぶは大好きだった姉と現世で転生を果たし、セキレイ女学院の美人姉妹として登場していました。

善逸の子孫である善照が鼻の穴を広げて興奮するほどに、美しいという。

かつて鬼に苦しめられていただけに、現代で幸せそうに暮らしているのをみると、、、、

厳密には胡蝶しのぶではないかもしれませんが、どこか救われた気分になれますね。

あまりにも辛い物語にしてしまった作者の救済措置ですよね。

胡蝶しのぶは童磨に食われたが現代で転生、幸せそうな毎日を

今回は胡蝶しのぶの最後について見ていきました。

胡蝶しのぶは鬼殺隊の最高位である「柱」として鬼殺隊を引っ張る立場であり、また毒を以て戦う唯一の剣士でした。

藤の花から作られる毒の威力は相当なもので、多くの鬼たちを葬り、柱まで上り詰めています。

最終決戦では上弦の弐・童磨と戦闘し毒が効かずに殺され、吸収されてしまいます。

しかし、ここまでは胡蝶しのぶの作戦で身体を全体を毒に仕立て上げており、童磨に毒よるダメージを与えます。

そしてトドメを弟子のカナヲが刺すという、自らの最後をプランにいれた打倒童磨の戦いで散ることになりました。

その後は最終話で転生、セキレイ女学院の美人姉妹として、大好きな姉と一緒にいる姿は感慨深いものでしたね。

と、以上が胡蝶しのぶの最後でした!

最後までお読みいただきありがとうございました。

栗花落カナヲ 【鬼滅の刃】栗花落カナヲの花の呼吸会得方法が超特殊!花柱にならない理由についてもチェック カナヲ 【鬼滅の刃】栗花落カナヲの能力は時間のコントロール?漫画界を席巻する作中屈指のヤバい能力について 禰豆子 【鬼滅の刃】竈門禰豆子の太陽克服は「日の呼吸」のお陰?鬼舞辻無惨が鬼を増やす理由も太陽光対策だった カナヲ 【鬼滅の刃】栗花落カナヲが両目失明の危機!?原因は動体視力の良さと花の呼吸「終の型」のせいだった 栗花落カナヲ 【鬼滅の刃】栗花落カナヲに痣は発現する?最終決戦にも前線で活躍したカナヲの力とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です