【呪術廻戦】九十九由基の能力が判明!?特級呪術師のやばい術式とは

九十九由基

特級呪術師の一人、九十九由基。

クラスとしては夏油傑や五條悟と並ぶ、呪術師界の超大物です。

本人は呪霊を祓わず、海外をフラフラしていると言われていました(ちょっと怒ってましたね)

その能力が非常に気になるところですが、一体どんなチカラを使うのでしょうか?!

今回は九十九由基の術式について見ていこうと思います!

九十九由基の術式は式神か?

最強の一角、九十九由基の術式は非常に気になります。

夏油傑は呪霊操術、呪霊を4000体以上取り込んでいるようです。

五條悟はというと六眼を用いた無下限呪術、最強です。

この強力な術式に負けず劣らずの能力とは、、、一体?

九十九由基の登場シーンで式神のような姿が登場している!

九十九由基の最初のシーンは東堂との回想で登場していました。

東堂に好きな女のタイプを聞いておりましたが、、、これが東堂が女のタイプを聞いてくる理由なんですねw

そして東堂のタイプもドンピシャ、九十九由基ですw

さておき、九十九由基の術式ですが、具体的な能力は未だ未確認です、

しかし、唯一東堂の回想でわずかながら術式を出していました。

九十九

呪術廻戦6巻50話より

ハンターハンターでクロロが使っていたインドアフィッシュみたいな術式ですね。(わかりにくい例えですいません)

これが術式だとしたら式神といった形でしょうか?

伏黒と似たような感じかもしれませんが、呼び出せるもののレパートリーはかなり多そうです。

伏黒もそうですしゲームとかもそうですが、召喚士の類はやっぱり強いんですね。

気になる方は6巻50話を読んでみてください。

九十九由基が海外を翻弄している理由は?

九十九由基は五條悟の過去回想回で夏油傑と遭遇しています。

その時に九十九由基は有名ではあるが、海外をフラフラしていると言われ、落ち込んでいました。

九十九由基はどうして海外をフラフラしているのでしょうか?

九十九由基は呪霊を生まない方法を模索していた!

九十九由基は海外をただ単にフラフラしているわけじゃありません。

呪霊と戦うのではなく、呪霊をそもそもに生まない方法を模索していました。

それがどうして海外なのかは未だ不明ですが、、、、

その答えと方法を求めて海外をウロウロしている、というわけですね。

かつての夏油傑と目的は同じ!しかし方法は九十九由基のが平和的?

呪霊をそもそも生まないようにするという目的に限って言えば、夏油傑と同じものでした。

夏油傑は呪霊を生まないために、呪力をコントロールできない人間たちを抹殺しようと画策しました。

その方法には九十九由基も納得、しかしそこまでぶっ飛んだ思想にはなれないとも言っていました。

九十九由基は呪霊を生まないように呪力をコントロールさせるか、または呪力自体を消し去ろうとしているのではないでしょうか。

とはいえ、極限まで行き着いた呪術師の考えは方法こそ違えど似たような感じになるんですね。

九十九由基の術式は式神の可能性が!

今回は九十九由基の術式について見ていきました!

九十九由基は夏油傑や五條悟と同様、特級呪術師として認定されています。

東堂の回想で出てきた九十九由基は式神のような術式を身にまとわせていましたので、九十九由基は式神を使う可能性が高いと思われます。

九十九由基はその式神を使い、呪霊を生まない方法を探し海外を翻弄しています。

特級呪術師ですし、呪霊を生まない方法を模索していますし、今後重要な役割を担っていることは間違いないです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です