“呪術廻戦”乙骨憂太と真希(まき)は結ばれる?脈アリだが「りか」のせいで真希は結ばれない?

真希

呪い合い、戦うジャンプの王道漫画の中に、ちょっとした恋愛要素あ入ってくる可能性が出てきました!

その人物とは、乙骨憂太と禅院真希です、、、!

主人公の虎杖じゃないんかい!って、思いましたが、実は乙骨は呪術廻戦0巻の主人公で、4人しかいない特級呪術師の一人です。

方や真希は御三家と呼ばれる禅院家の人間で、アニメや漫画でも結構人気があります。

そんな二人の恋愛模様はどうなるのでしょうか!?

今回は乙骨と真希、二人の関係について考察していこうと思います!

乙骨憂太と真希はくっつく可能性がある?

乙骨と真希の二人ですが、本誌を読んでいる感じでは結構お似合いなんですよね。

優しい乙骨に対してグイグイ引っ張ってくれるアネサン女房的な真希。

乙骨が呪術高専に入って性格が前向きになってきたのも真希との稽古があったからという理由が大きいです。

呪術高専に入る前の乙骨はそれはまぁウジウジしてましたから。

稽古してる時も二人で、なんかいい感じなんですよね。

そんな二人の関係が急接近?したのは0巻のあるタイミングでした。

キッカケは0巻!真希はすでにちょっと好きなんじゃないか

真希は百鬼夜行の宣戦布告に来た夏油にボロクソに否定されてしまいます。

呪霊も見ることもできない非呪術師(さる)と。

それを言われた乙骨はガチ切れすると同時に、真希にどういう意味かを訪ね、その時初めて真希は呪霊が見えない、呪力がないということを知ります。

真希が呪術師をしているのも「禅院家を見返してやる」という強い思いからでした。

その事実を知って、乙骨は「真希さんみたいな強い人になりたい」素直な気持ちを打ち明けます。

照れ隠しをしていましたが、その言葉が真希の乙女心に刺さったわけですね、、、。

真希

この時のやり取りが気に成る方は是非0巻を読んでみてください!

乙骨には里香という亡くなった恋人がいて、今も一緒にいる?

乙骨には折本里香という幼馴染がいましたが、交通事故で目の前で亡くなってしまいます。

が、乙骨は里香に呪われ、里香は特級過呪怨霊として乙骨に取り付くことになります。

この里香は夏油をも欲する程の力を有しており、「呪霊の女王」と呼ばれていました。

それほどに強力な力を有しているわけですが、同時に乙骨は死んでもなお恋人と一心同体といった状態になりました。

解呪されたが、いまも「りか」という呪いを連れている?

0巻の最後、乙骨は特級過呪怨霊である里香の解呪に成功します。

死んだ恋人の魂は晴れて自由の身。

しかし、本誌で再登場した乙骨にはまだ呪霊のような影があり、実際に「リカちゃん」と呼んでいました。

乙骨

この「リカちゃん」の正体はまだ不明ですが、、、またもリカちゃんという呪いを背負って戦っているのかもしれません。

真希は乙骨はやっぱり結ばれないのか

真希と乙骨、作中では中々のお似合いカップルなように見えます。

あのパンダでさえ、二人については公認のようですから、、、。

パンダ

しかし、悲しいことに実際に二人は結ばれる可能性はかなり低いのではないでしょうか。

真希は里香に気を遣って乙骨に告白ができない?

真希はアネサン女房的な性格故に、恋愛においては自分を一つ後ろに置いてしまうような性格ではないでしょうか。

乙骨には亡くなった恋人がおり呪霊として一緒にいたわけですが、解呪された今も「リカちゃん」を連れています。

これは、、、乙骨がいかに里香を大事にしているかがわかるのではないでしょうか。

そして里香への気持ちを大事にしている乙骨に気遣い、踏み出せいない真希が目に浮かびます。

なんとなく、強がりすら言っている真希も想像できます。

真希の性格を考えると、やっぱり一歩前に強く出ることは難しそうです。

パンダが再度強く推すか、、、、狗巻くんの呪言を使うくらいのサポートが必要ではないかと。

そもそも真希の命が危ない!途中リタイアの可能性も

真希が乙骨に告白ができない理由、、、こちらはかなりシビアですが、真希は命が危ないです。

渋谷での戦いで漏湖に上半身を焼かれてしまっています。

同じくして火炎を食らっているナナミンも大変な損傷でした。

いくら頑丈とはいえ、、、無事では済まされません。

そして、本誌でも「死にかけている」と書いてあり、非常に危険な状態であることがわかります。

作者がコメント、面白くなるためならキャラクターのリタイアはあり

真希の生存について非常に怖い話があります。

作者である芥見下々(あくたみ げげ)先生は、話が盛り上がるためならキャラクターのリタイアはありだという。

この考え、、、なんなら五條先生ですらリタイアする可能性がある、パワーワードです。

更に、真希については双子で真衣がいます。

真希がいなくなり、その怒りで真衣になんかしらの進化がある!みたいな展開があるのだとしたら、、、

考えたくありませんが、できれば真希は復帰で乙骨とくっついてもらいたいですね。

乙骨の反転術式でどうにかならんものでしょうか、、、。

乙骨と真希がくっつくにはハードルが高いかもしれない

今回は乙骨と真希がくっつく可能性について見ていきました!

作中でいい感じの二人、その関係はパンダも公認です。

しかし、二人がくっつくには大きなハードルが2つありました。

一つは乙骨の亡くなった彼女の「リカちゃん」の存在。

真希は恋愛においては一歩後ろに下がってしまいそうな性格故に、乙骨にアタックできない可能性が高そうです。

もう一つは、そもそもに真希の命が危ないこと。

本誌でもすでに死にかけていると言われており、途中リタイアする可能性が非常に高いです。

結ばれないにしろ、せめて真希は無事でいてほしいです、、、。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

乙骨憂太 “呪術廻戦”乙骨憂太の現在は?里香ちゃんの解呪とは?呪霊に呪われてた? 京都校 “呪術廻戦”内通者は京都校のあいつ!裏切り者の呪詛師となった交換条件とは 甚爾 “呪術廻戦”伏黒恵の父は甚爾で名付け親!本当は最後まで恵を気にかけていた? 伏黒 “呪術廻戦”伏黒を宿儺(すくな)が狙う理由は復活?禅院家相伝の十種影法術が鍵? 伏黒恵 “呪術廻戦”伏黒恵の領域展開は何話何巻?嵌合暗翳庭が最強の可能性がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です