”約束のネバーランド”ノーマンが患っている病気は?寿命が短いってマジ?

約束のネバーランドの主要キャラであるノーマン。

エマとレイと仲がよく、かつ作中最高の頭脳の持ち主です。

天才中の天才で、ノーマンが本気を出して立てた作戦は余程の想定外がない限りはほぼ完璧に遂行されてきました。

そんなノーマン、悲しいことに実は病に侵されているようです。

ノーマンはなんの病気なのか、、、病気はいつから?

もしかしたらノーマンの寿命はかなり短いのかもしれません。

ノーマンは果たして生き残れるのでしょうか、、、?

ノーマンは11歳の頃に出荷されていた

ノーマンはかつて農園であるハウスから”出荷”されました。

この出荷は鬼への生贄になることを意味します。

ノーマンはエマとレイとで脱走の計画を企てており、実行をしようとした正にその段階で作戦失敗。

ママに妨害され、更にノーマンは出荷されてしまいました。

ですが、ノーマンは出荷されずに生きていました。

ノーマンは出荷じゃなくて実験施設に呼ばれていた

ノーマンはそのずば抜けた頭脳のせいで、ある施設に呼ばれていました。

その施設では様々な実験を食用児へ施していました。

ノーマンはその効果を高めるために、その施設に呼ばれる形となっていました。

ノーマンは病気に?突然吐血の症状が

ノーマンは出荷を逃れ、更に連れて行かれた先も脱走を図り、更に人間たちを率いて鬼を倒す算段を立てていました。

しかし作戦の実行を前に、突然の吐血。

このことはノーマン以外は誰も知らない、ノーマンが隠しているからです。

ですが、あるタイミングでノーマンは仲間にこのことを打ち明けます。

ノーマンが激白!実験のせいで余命があまり残されていない?

ノーマンはハウスから出た後に到着した施設でいろんな実験に関与していました。

その傍らで、自分自身にもあらゆる投薬をされていました。

その投薬はノーマンの仲間にも投与されており、投与された仲間は得意な力を得た仲間もいました。

しかし、その仲間もノーマンと同じように発作で苦しんでおり、寿命があまり残されていないのも同じです。

ノーマンは鬼を全滅した後に人間だけの世界を生きていく時間がないため、鬼の全滅をどうしても遂行させたかったわけですね。

しかし、エマに鬼の全滅を止められ、諭されている時にノーマンはこの事実を打ち明けます。

エマとレイと感動の再開を果たしたものの、、、自分には時間が残されておらず、ノーマンは二人に助けを求めました。

ノーマンは最終回まで生きられない?

感動の再開を果たしたノーマンは寿命があまり残されていない状況でした。

鬼との決戦も佳境を迎え、更に人間たちだけの世界に移れるとなった状況でも、ノーマンはその世界を享受できないかもしれません。

果たして、ノーマンは最終回を迎えられるのでしょうか。

ノーマン達を治療する希望がある!治療も始まり予後良好

ノーマン達は鬼に薬物の投与をされ、様々な実験をされていました。

そのせいで身体に負担が掛かったせいか、自分の身体を蝕んでいるようです。

しかも、そのせいで寿命も長くはないとのこと、、、。

しかし、ノーマン達と同じように投薬をされ続けていたにも関わらず、まったく発作等の症状が出ない人物がいました。

その人物を分析し、ノーマン達を救えるヒントを得る可能性が出てきました!

事実、ノーマン達は人間たちの世界に行くことができ、更にはその治療の甲斐あって発作も抑えられ、生きつなぐことができているようです!

ノーマンは病気じゃなくて薬の副作用だが治る可能性がある!

今回はノーマンの病気について見ていきました!

ノーマンは病気じゃなくて、薬の副作用で身体を蝕まれていたようです。

そのせいで、寿命はあまり残されていないという。

もう諦めていたノーマンですが、ノーマンと同じ投薬をされ副作用がまったくない人物がいました。

その人物を分析し、ノーマン達を救う道を見つけることができました。

実際にノーマンは最終回にも登場し、そのときには症状も緩和され始めているということです。

ノーマン達はつらい思いをしている分、幸せになってほしいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です