【葬送のフリーレン】勇者の剣が抜けない理由は?シュタルクやフリーレン、フェルンが使う可能性も

勇者の剣

葬送のフリーレンで登場する、、、勇者の剣。

勇者の剣は女神が授けたとされる一振りで、その周りには魔族が入ることのできないバリアが張られ、聖域とはしているほどのエネルギーを秘めています。

そして世界が危機に瀕した時に抜くことができると言われる、伝説の一振りです。

ゲーム好き、RPG好き、そして大の剣好きである筆者としては、心の奥底をコチョコチョされるパワーワードでもあります。

「勇者の剣」とか、かっこよすぎんだろ

衝撃の事実が発覚、なんと勇者ヒンメルはこの「勇者の剣」を抜くことができなかったという、、、。

しかし、「勇者の剣」が抜けませんでした、で終わるはずがありません!!

今回は葬送のフリーレンに登場する「勇者の剣」について見ていこうと思います!

【葬送のフリーレン】に登場した”勇者の剣”とは

勇者の剣

”勇者の剣”とは剣の里に封印されている目が意味が授けたといわれている剣のこと。

世界がマジやばくなった時に引き抜くことができると言われている、いわゆる女神様が授けた伝説の剣です。

物語上、この剣を抜けるものは真の勇者と呼ぶに相応しい存在と思われ、逆に魔族からしたら一刻も早くに叩き壊したい武器でもあります。

なので、剣の周りには勇者の剣を破壊しようと魔物が群がってきます。

勇者の剣は聖なる力が溢れている

勇者の剣

魔族にとって脅威となる勇者の剣、その剣を叩き折ろうと多くの魔物が群がります。

が、剣には聖なる力が宿っており魔物は勇者の剣に近づくことすらできません。

この勇者の剣がいつからあったのかはハッキリとしていませんが、少なくとも100年くらいは軽くバリアを張り続けています。

そんなに長期間魔物からの攻撃を退ける力を持った武器、、、魔族にとって脅威になることは間違いないでしょう。

勇者ヒンメルは抜くことができなかった剣

勇者の剣

魔族にとって脅威となり延々とバリアを張り続けている勇者の剣、この勇者の剣を持って魔王を倒したと思われますが、、

実は、勇者ヒンメルは勇者の剣が抜けないことが判明、、。

ヒンメルは勇者ではなかった、、、?

しかし、その後ヒンメルは仲間と共に魔王を倒し、名実ともに勇者になります。

フリーレンも認める、世界でただ一人の勇者ですね。

ヒンメルが抜けなかったのはなぜか?

勇者の剣

勇者として魔王を打ち倒したヒンメルですが、どうして勇者の剣が抜けなかったのでしょうか、、、?

実際に長年人間やエルフを苦しめていた魔王も倒しているというのに、、、、

考えられるとしたら2つあって、一つはそもそも剣ではなく聖なる力を保つだけのものだから。

そしてもう一つが、、、魔王よりもやばい存在がいるから、、?

もしかしたら真の魔王の存在が

フリーレン

魔王を倒した勇者ヒンメルが勇者の剣を抜けなかった理由、それは

魔王よりも更に脅威となりうる真の魔王的な存在がこれからでてくるかもしれない可能性は非常に高いです。

または倒した魔王が一層強くなって復活する、、、とか。

いずれにしても魔王を倒した後の後日談的な物語的な感じであるにも関わらず魔族がまだ暴れて、かつフリーレンはそんな中かつての魔王城を目指して旅をする、、、

この展開は更に強い敵が出てきてもおかしくないですよね。

以外と、真の魔王がいるってのはあるかもしれません、、、。

勇者の剣を抜くのは誰?

フリーレン

勇者の剣が抜かれないのは真の強敵がまだ出ておらず抜けない可能性があるものの、勇者ヒンメルすらも抜けなかった伝説の剣。

今後強敵がでてくるものだとしたら、誰がこの剣を抜くことになるのでしょうか?

戦士であるシュタルクが勇者の剣を抜く?

シュタルク

勇者の剣を抜く者の第一候補といえば、やはりパーティーの中で一番武器を扱う戦いに長けているシュタルクではないでしょうか。

シュタルクの実力といえば、師匠である戦士アイゼンが思わず怖くなってしまうほどのポテンシャルを秘めており、なんやかんやで前線でいつも戦い続けています。

しかも、シュタルクってヒンメルと違っていつもビビリにビビって、泣き虫で、勇者とは無縁っぽい存在、、、

しかし、そんな臆病者だからこそ「勇気」を持って魔王に戦いを挑む「勇気ある者」へと昇華していくのではないでしょうか。

シュタルクが勇者となる展開、、、結構熱くて好きですヾ(*´∀`*)

実は魔法剣?フリーレンやフェルンの可能性も

フリーレン

もう一つの可能性としては、この剣は実は魔法力を多分に帯びており、魔法使いでなければ使えないパターンです。

現に勇者の剣は聖剣と呼ぶにふさわしいような、剣の周りに魔族に対するバリアーのような封印を施しています。

もしかしたら勇者の剣を引き抜くには強力な魔法力が必要となっているのではないでしょうか。

となると、1000年以上生きている大魔法使いであるフリーレン、もしくはずば抜けた能力を秘めているフェルンあたりが強敵との戦いに備え、勇者の剣を引き抜き、戦いに挑むのかもしれません。

シュタルクじゃなくても、この展開だったら大変おもしろいですよね。

勇者の剣が抜けなかった理由は更に強い魔王への対応策か

と、ここまでが勇者の剣についてですが、いかがだったでしょうか。

勇者の剣は剣の里にあり、かつて女神が授けたとされる剣で、その剣のまわりは魔族が入り込めない聖域と化しています。

また世界が危機に陥った時に抜けるということですが、魔王を倒した勇者ヒンメルには抜くことができませんでした。

その理由は定かではないですが、、、これはもしかしたら今後さらなる魔王が登場する可能性がありそうです。

そしてその剣を抜くのは戦士であるシュタルク、、、?

もしくは魔法を帯びた聖剣を抜くには魔法力が必要なのだとしたら、大魔法使いのフリーレン、または人間でありながら優秀な魔法使いであるフェルン、、、あたりでしょうか。

勇者の剣については今後も絶対ネタがあるはずなので、その時はまた書いていこうと思います!